忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
どんだけ大きいお腹なんだ



それはかなり不思議な光景だった。

7月4日の夜、北海道伊達市の道の駅で、車中泊することにした。

駐車場から10mほど歩くと大きなクルミの木があり、
さりげなく目をやると、
葉っぱの上にぼんやりと白い玉が少し光っているように見えた。

 
【クルミハムシ】2010年7月4日北海道・伊達市


近づいてよく見ると、異常なくらいお腹の大きくなったハムシだった。

 

後で、友人にメール確認すると、
クルミの葉を摂食するハムシで、そのまんま「クルミハムシ」と言うらしい。

横から見ても、背中にたたんでいる翅から大きなお腹がはみ出している。
それでも、普通に歩くことができるようだ。

 

同じ木の少し離れた別の枝でも、見つかった。
こっちは、何故か交尾中だった。
お腹が大きくなってから、交尾するのか?


 

近くに♂が2匹ウロウロしていた。
図鑑によると、クルミハムシの特徴のひとつとして、
他のハムシ類と比較して体が扁平であると記されている。
確かに♂の体は、平べったい!!


 
これは、クルミの樹皮の下で、成虫越冬するのに適しているとのことであるが、
産卵前の雌のお腹の大きさは、まるでそのうっ憤をはらしているかのようである。


 

拍手[55回]

PR
【2010/09/11 08:14 】 | 子孫を残す | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<雄と雌でこんなに違う | ホーム | ハチに擬態する蛾>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>