忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
保護色の虫たちを探す疑似体験② 中級編


写真の中の虫を探す疑似体験。


今回は、体色が茶・褐色系の虫たち・・・


彼らは、葉っぱの上に静止していると、
捕食者に簡単に見つかってしまう。

しかし、正しく背景を選んでいれば、
(緑色の葉っぱの上にいなければ)
おそらく、野鳥類も、もちろん我々も、
なかなか発見することは出来ないだろう。


ただ、個人的な好みの問題になるのだが、
地面や、枯れ葉・枯れ枝にいる虫たちを、
私自身が、注意深く探すことはないので、
今回のような写真は、なかなか撮れない。


 ⇒自分で撮った写真が少ないことが、
  そのような虫たちに出会う機会が少ないと、
  勝手に思いこんでいるだけで、
  実際には、単に見逃しているだけなのかも・・・

 

 

 


まず、以下の4枚の写真を見ていただき、
どこかに写っている虫たちの姿を見つけてから、
その下の説明文をお読みください。


 ⇒最初は、虫の名前は伏せてありますので、
  何処にどんな虫がいるのかをお楽しみください。

  尚、表題の「?」の数は、難易度に比例します。

 

 


⑤ 枯れ枝??

1999年6月19日 与那国島・沖縄

 

 

 

⑥ 枯れ葉??

2011年10月18日 東海村・茨城

 

 

 

⑦ 枯れ葉???

2011年6月29日 白岩森林公園・青森

 

 

 

⑧ 砂粒????

2013年7月15日 中泊町・青森

 

 


すぐに、分かりましたか?

 

・・・・・以下、回答です・・・・

 

 

 

⑤ ナナフシモドキ(ナナフシ科)

中央部分に、予想外(?)に大きく写っている。

この子は、6本の脚が細くて長いのに、
さらに、身体も同じように細くて長いので、
完全に背景の枯れ枝に溶け込んで見えるのだ。

ナナフシの仲間は、身体の姿かたちまで、
枯れ枝に似せているので、隠蔽的擬態の範疇に入る【注】


 ⇒写真の個体の選択した背景は、まさに絶妙で、
  ここ以外にはないという場所に静止していると思う。


本当に、分かってやってるのだろうか?


実は、ナナフシモドキには緑色の個体もいるが、
バッタ類のように、 体色を変化させることが出来るかどうかは、
多分確認されてはいないはずだ・・・?


枯れ枝に擬態しているはずなのに、
緑色とは、ちょっとだけ不思議であるが、
少なくとも私が見たのは、葉っぱの上である。


 ⇒やっぱり、背景を選んでいるのか?

  以下のページをご覧ください。

  
  【かなり不思議なナナフシモドキ】
   ↓   ↓   ↓
   http://kamemusi.no-mania.com/Date/20141228/1/

 

 

 

 

⑥ ショウリョウバッタ(バッタ科)

写真の左上あたりに、枯れ葉の色の大型のバッタがいる。

これは、私から飛んで逃げたバッタの着陸地点付近を、
必死に探して発見したもので、普通に歩いていたのでは、
絶対に見つからなかったと思う。


 ⇒飛翔中のバッタが、この着陸地点を、
  意識的に(?)選択したのかどうかは不明だが・・・

 

実は、ちょっとだけ不思議なことに、ショウリョウバッタにも、
ナナフシモドキと同様に、緑色の個体もいる。

バッタの場合は、 沢山の人が、
背景を選択できるかどうかを実験しているが、
結論は出ていないようである。


 ⇒こんなことを書くと、
  誰も実験したくなくなるかもしれないが・・・

  例えば、茶色と緑色のバッタが、
  それぞれ自分の体色に応じて、
  生きている草か、枯れた草を選ぶかを、
  実験的に確かめようとする場合、
  彼らが、どんな刺激をその根拠にするのかを、
  確認することから始めなけれなならない。

  つまり、色を見るという視覚刺激以外の条件、
  例えば、緑葉の匂い、周辺の温度や湿度、
  足ざわり感触、草が立っているか寝ているかなどや、
  試験するバッタの空腹度なんかも、
  考慮しなければならないのだ。

 

 

 

 

⑦ シロスジオオエダシャク(シャクガ科)

右上あたりに、小枝を包むように静止している蛾がいる。

この子も、少し動いて静止位置を変えたので、
私にも、居場所が分かったのだが、普通では、
完全にスルーしている被写体だ。


 ⇒それにしても、絶妙な静止姿勢だと思う?

  この写真では分かりにくいが、翅の白く見える部分は、
  分断色として機能しているはずだ。

 

 

 


⑧ ヤマトマダラバッタ(バッタ科)

やや左上のあたりに、砂粒に紛れたバッタがいる。

そう言われても、見つからない人もいるかもしれないが・・・


 ⇒大丈夫です!!!

  こんな写真で、見つけられる人は、多分いません。

  そして、この子を、歩きながら発見して、
  写真を撮れるような人は、普通の人ではありません。

 

 


次回は、立ち止まってじっくり見ても、
もしかしたら、探し出せない虫たちです。

 

 

 

【注】保護色の虫たちが、背景選択を間違えた場合には、
   虫たち特有の左右対称の輪郭が、くっきりと浮かび上がって、
   捕食者に簡単に発見されてしまうだろう。

   逆に、隠蔽的擬態の虫たちが、背景選択を間違っても、
   ほとんどの捕食者は、チラッと見るだけで、
   「これは食べ物ではない」と、無視して通り過ぎるだろう。


   このことの詳細は、以下のページをご覧ください。


   【隠蔽的擬態の虫は、本当にいるのか???】
    ↓   ↓   ↓
    http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150210/1/

 

 


【追記】

前回の写真も含めた①~⑧の中で、
どうしても虫を見つけられなかった方は、
下の拍手マークをクリックしていただき、
コメント欄に、その旨をお書きください。

その欄に、直接返信用のメールアドレスを、
記入していただければ、目印の付いた写真をお送りします。

コメント欄の内容は、私しか見ることが出来ません。





   

拍手[19回]

PR
【2016/01/18 06:36 】 | 擬態 | 有り難いご意見(1)
<<保護色の虫たちを探す疑似体験③ 特別編 | ホーム | 保護色の虫たちを探す疑似体験① 初級編>>
有り難いご意見
無題
おはようございます。
面白い記事でしたね(~▽~@)♪♪♪


ナナフシの仲間はわかりましたが残り3門はわかりませんでした、最後の砂地はハンミョウか、ヤマトマダラバッタがいそうだなぁと思いましたが結局見つけられませんでしたΣ(゚□゚;)
【2016/01/18 09:11】| URL | だんちょう #56b710e639 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>