忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 20:13 】 |
アカスジキンカメムシ


先日、福島飯坂温泉近くの友人S氏宅を、夫婦で訪問した。
帰り際に、奥様に「庭に大きなカメムシが沢山いますよ」と教えられ、
ふと見ると、大きな梅の木の葉っぱの裏に、
何とアカスジキンカメムシの終齢幼虫集団があちこちに・・・・

 
2010年9月30日【アカスジキンカメムシ5齢幼虫】福島市


ちょっと前までは、すぐ横のヤマボウシの実に群がっていたとのこと。
越冬態勢に入ったのか?
 
 
 2010年9月30日【アカスジキンカメムシ5齢幼虫】福島市


それにしても、毎年、ほぼ同じ場所で沢山見かけるとは?!?!
自宅の庭に、キンカメが自然発生しているなんて!!!
まるで、夢のような話だ。すばらしい!!!!
 

実は、この写真を撮る6日前に、茨城の東海村の大きな公園の駐車場で、
同じアカスジキンカメムシの5齢幼虫を数匹目撃している。
このときは、みな必死に越冬前の食事をしていた。


2010年9月24日【アカスジキンカメムシ5齢幼虫】茨城・東海村 



ちなみに、あまりよい写真ではないが、
アカスジキンカメムシの成虫は、こんな感じである。 
なんとなく背中の模様が似ているのがわかりますか?


2005年5月8日【アカスジキンカメムシ成虫】千葉・印西市  

今回、 10匹ほど分けていただいたので、自宅の庭にも放す予定です。
来年、新成虫が誕生したら、写真撮りまくるぞ!
 

(筆者注): 
 尚、S氏は、性フェロモンを利用した果樹害虫防除に関して、
 圃場での実用化試験の草分け的な存在であり、著名人です。
 決して庭先に捕虫網を持って押しかけないでください。




(うう~ん)


(しか~し)



(どぉ~も)



・・・・・・・・・・・・





やっぱり、上の成虫の写真はちょっと恥ずかしい。
私の傑作、ニシキキンカメムシの成虫と幼虫のツーショットをご覧ください。





これが、日本の最美麗種と言われるカメムシです。


ここで、クリックお願いいます。

↓  ↓  ↓

拍手[53回]

PR
【2010/10/06 06:36 】 | 光輝く美しさなの? | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<だんぶり池 | ホーム | ヒメツノカメムシ、母は強かった>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>