忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
だんぶり池


自宅から車で西へ軽く10分程度走ると、

弘前だんぶり池という「虫が沢山いるところ」がある。


 弘前市のHPによると、市が10枚の休耕田を購入し、
低水温湿原、暖水池、水路、湿原等を組み合わせて、
多様な生物が生息できるように工夫し、
生物観察がしやすいように木道や通路を整備して、
適宜、補修作業や草刈り作業を行い、維持管理しているとのことである。


 
2010年7月16日だんぶり池全景(遠くに子供たちが!)



だんぶりとは、津軽弁でトンボのことであり、
青森県のレッドデータブックで絶滅危惧種に指定された、
ハラビロトンボやハッチョウトンボをはじめ、
40種近いトンボが確認されているらしい。


 
2010年8月3日オニヤンマ(珍しく葉っぱに静止している)



その他に、季節により様々な鳥類も飛来しており、
ニホンカモシカ、サル、テン、ノウサギ、リス等も確認され、
最近では、クマの目撃情報もあるほどである。


 
2010年9月17日だんぶり池林道(左側が沢、上流に民家はない)



池の両側には、二本の沢が流れており、平行して林道が伸びているが、
その林道沿いに様々なや植物が繁茂し、
そこをさりげなく歩くと、まるで昆虫の宝庫(?)のように、
色々な虫に出会うことができる。


 
2010年9月17日林道を100mほど入ったところ


今年は、この場所に毎日のように通って、写真を撮りまくった。
その数は、他の場所の分も含めて、半年で一万枚以上になった。

過去、数十年間、昆虫と付き合ってきたが、
一か所に居座って昆虫を見てきたことはあまりなく、
この「だんぶり池の林道」で新たな感動を与えられたことも多い。

おそらく、このブログで使用する写真の半分近くは、
この場所で撮ったものになりそうである。


 
2010年6月1日熊出没注意の看板におびえて尻尾が下がるアイン君


自宅から10分ほどで、こんな素晴らしい場所に行けるなんて、
まるで夢のような話である・・・・・・
 

でも、~~ある日、森の中、クマさんに出会った~~ら、やっぱり怖い! 
ちょっとだけ、びくびくしながら、写真撮ってます・・・・

拍手[46回]

PR
【2010/10/07 06:31 】 | 日本の風景 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<なるほど、そうやって子孫を残すのか? だんぶり池のカメムシ | ホーム | アカスジキンカメムシ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>