忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
ヒメツノカメムシ、母は強かった


カメムシ類は、一般的に大きな卵を少数産むタイプが多い。

さらに、キンカメやツノカメの仲間では、
産卵した卵や幼虫を、母親が付き添って保護する種もいる。

実際に、母親がアリや寄生蜂から自分の卵や幼虫を、
たくみに防御する行動も詳細に観察されている。
 

今年6月、自宅近くの「だんぶり池」の林道のクワの木に、
卵を保護するヒメツノカメムシが沢山見られた。

 
2010年6月16日【ヒメツノカメムシ】弘前・だんぶり池林道


ときどき、卵塊を離れることはあるが、
ほとんどの時間は、卵塊の上に静止しているようであった。


2010年6月16日【ヒメツノカメムシ卵】


卵が孵化しても、母親はそこにとどまっていた。


 
2010年6月22日【ヒメツノカメムシ】弘前・だんぶり池林道


おそらく孵化幼虫は2齢になるまで摂食しない。
母親は、少なくともそれまでは、近くに留まっていると思われる。


2010年6月22日【ヒメツノカメムシ孵化幼虫】




ここまでが長い前ぶりで、本題はここからである。

別の日、少し離れた「梵珠山」のクワの木で、
2匹で卵を保護するヒメツノカメムシを見つけた。

なんだ! ヒメツノカメは夫婦で卵塊を保護するのか?

これは、新知見と思ったが・・・・
寄り添っているのは父親である確証はない。

もっとよく見ると、ヒメツノカメの母親は子供の上に覆いかぶさり、
体を相手の方に傾けて、見知らぬ男に近づかせないようにしているではないか。





 
2010年6月22日【ヒメツノカメムシ】青森・梵珠山



何となく、母親の気持ちもわかるし、
父親(?)の気持ちもわかる!

余談だが、最近はおじいちゃんの気持ちもわかる?!


 

拍手[48回]

PR
【2010/10/04 14:24 】 | 子孫を残す | 有り難いご意見(0)
<<アカスジキンカメムシ | ホーム | 前回のクイズの答え>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>