忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
虫たちの親子-45 ツノアオカメムシ

カメムシマニア以外でも、知る人ぞ知る・・・多分(?)、
ツノアオカメムシの学名は Pentatoma japonica である。

だから、カメムシ科(Pentatomidae)を代表する、
日本産のカメムシであるような印象を与える【注】

しかし、ネット情報では、日本の固有種ではなく、
朝鮮半島や中国にも、普通に分布するようだ。


・・・とは言え、カッコイイ虫であることは間違いない。

 


そんなツノアオカメムシの幼虫は、一体どんな姿なのか、
昔から、さりげなく気になる存在であった。


でも、図鑑やネット写真で見る限り、
成虫とは似ても似つかないほどの姿かたちなので、
見つけても、なかなか写真に撮って、
その姿を確認する機会がなかった。


そんな中で、今から3年ほど前に、
信州の安曇野の林道で撮った幼虫が、
ツノアオカメムシの幼虫らしいことが判明した。


同定が難しいカメムシ類の幼虫とは言え、
残念なことに、ツノアオカメムシの場合には、
何故かネット上で、誤同定写真をたまに目にするが、
下の子は、間違いないだろう。

 

 

 


とりあえず、噂の幼虫から・・・

 

 

 

ツノアオカメムシ終齢幼虫(カメムシ科)

2013年6月12日 安曇野・長野

確かに、同じような雰囲気の幼虫が多く、
写真だけでは、同定が難しそうである。


 ⇒ただ、触角の先端付近の白色部分の位置や、
  前胸背板の側角がやや尖っていることなどで、
  他種との識別が、かろうじて出来そうである。


それにしても、成虫からは想像しにくい姿である。

 

 

 


ツノアオカメムシ終齢幼虫(カメムシ科)

2013年6月12日 安曇野・長野

この写真では、成虫の和名の由来となった、
前胸背板の側角の形状が尖って見えるので、
明らかに他種とは違うことが分かる。


 ⇒成虫が互いに良く似ていることで有名な、
  アオクチブトカメムシの幼虫とは、
  かなり異なった雰囲気であることが、
  ちょっとだけ不思議である。


  【虫たちの親子-37 アオクチブトカメムシ】
   ↓   ↓   ↓
   http://kamemusi.no-mania.com/Date/20151223/1/

 

 

 

 

・・・成虫(親)は?

 

 

 

ツノアオカメムシ成虫(カメムシ科)

2013年8月21日 白岩森林公園・青森

日本のカメムシの名のとおり、
最もカメムシらしいカメムシで、
金属光沢の緑色が微妙に綺麗だ。

この子も、徳島に住んでいた頃は、
採集する機会がほとんどなく、
西日本では珍品扱いだったと思う。


 ⇒ただ、弘前市周辺では、
  夜間、灯火にも飛来するし、
  晩秋のダムサイトでも、
  しばしば見かけるので、
  個体数は結構多い気がする。

 

私が、カメムシが好きになったキッカケのひとつが、
小学生のとき、林間学校で行った軽井沢で、
初めてこのカメムシと出会ったときだ。

そのときの状況や、出会いの場所の照月湖が、
いつの間にか埋め立てられていたことなどを、
かなり前に、このブログに書いたことがある。

【私のカメムシコレクションの原点 ツノアオカメムシ】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101021/1/

 

 

【注】有名なのは、やはりギフチョウだろうか?

   以下、種小名が japonica と付く昆虫を、
   さりげなく探してみると、意外に多いことが分かる。

   
   チョウ目 ギフチョウ: Luehdorfia japonica

   チョウ目 ヒメヤママユ: Caligu japonica

   チョウ目 ムラサキシジミ: Narathura japonica

   カブトムシ目 ナミハンミョウ: Cicindela japonica
  
   カメムシ目 マルミズムシ: Paraplea japonica

   カメムシ目 ベッコウハゴロモ: Ricania japonica

   バッタ目 クダマキモドキ: Holochlora japonica

   カマキリ目 ヒメカマキリ: Acromantis japonica

   カゲロウ目 フタスジモンカゲロウ: Ephemera japonica

   トンボ目 アオハダトンボ: Calopteryx japonica

   トビケラ目 ニンギョウトビケラ: Goera japonica


   ⇒鳥類だが、超有名なミラクル学名がある。

    トキ: Nipponia nippon
 

  

拍手[18回]

PR
【2016/03/16 06:50 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(0)
<<警戒色の虫たちと有毒植物① 葉っぱの味は? | ホーム | 虫たちの親子-44 クサギカメムシ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>