忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
ちょっとだけ不思議な虫たち ベッコウハゴロモ

前回、集団で出演したアオバハゴロモ君たちと、
さりげなく一緒に写っていたベッコウハゴロモ君。

以前このブログで、かなり不思議な姿の幼虫を紹介した。
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110814/1/

 

ベッコウハゴロモ幼ベ虫(ハゴロモ科)

2011年8月2日 だんぶり池・青森

幼虫は、このように、お尻に真っ白な毛の束をつけているので、
全く虫には見えないのだ。


 


しかし、成虫になってからも、ちょっとだけ不思議な虫なのである。


 

ベッコウハゴロモ(ハゴロモ科)

2011年9月23日 だんぶり池・青森

前回のアオバハゴロモと一緒に写っていた子とは、
多少イメージが違って、より鮮明な模様が確認できる。

はっきりとした2本のラインは、分断色のイメージもあるし、
左右の翅の先端部分には目玉模様もあり、
逆さに止まっていると、ちょっと怒ってる動物の顔のようだ。

 


ところが・・・

 


アミガサハゴロモ(ハゴロモ科)

2010年8月10日 御所湖・岩手

この子は、何故か、薄緑色のコナを体中に付けている。
よく見ると、葉っぱにも、粉が付着している。

どうやら、羽化直後の個体のようである。

少なくとも、これでは、折角の分断色(?)も目玉模様(?)も、
隠されてしまうので、上の子とは、まるで別種のようである。

幼虫の出すロウ物質と同じ起源なのだろうが、一体何のために?


⇒nabita氏より、この写真は、アミガサハゴロモであるとの指摘がありました。
  本文は修正せず、タイトルの昆虫名のみ変更します。
 

 

 

 

ベッコウハゴロモ(ハゴロモ科)

2011年9月23日 白岩森林公園・青森

これは、3匹が集まって、前回のアオバハゴロモと同じような、
集団擬態に近いことをしているのか?

 


と思ったら・・・

 


ベッコウハゴロモ(ハゴロモ科)

2011年9月23日 白岩森林公園・青森

よく見ると、単に交尾のために、
オスとメスが、近寄っているようだ。

それよりも、いちばん下の子は、
この角度から見ると、やはりセミである。


というわけで、色々とちょっとだけ不思議な虫でした。

拍手[17回]

PR
【2012/10/21 07:31 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<岩木山遠景 | ホーム | 集団擬態?? アオバハゴロモ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>