忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
ちょっとだけ不思議な虫たち【3】
今回は、名前が分かららないものも含めて、
ちょっとだけ不思議な幼虫たちを紹介する。

どんな場合でも、昆虫の幼虫は、
特に完全変態の幼虫は、不思議である。


高校時代の生物部のテーマで、
モンシロチョウの幼虫が、歩く筋肉から、
成虫の飛ぶ筋肉になるのは、蛹ステージの何時ごろか?
というのがあって、
毎日、染色しながら、切片を切っていた頃をふと思い出す。




クロマドボタル幼虫(ホタル科)
 
2011年6月2日 だんぶり池・青森

成虫は、普通のホタルの恰好をしているが、
頭部は赤くなく、昼間活動する。

写真の幼虫は、不思議なことに、水の中にはいない。

ご覧のように、葉っぱの上で見かけるが、
夜は多少発光するらしい。




多分ヒメウスベニトガリバ幼虫(カギバガ科)
 
2010年8月25日 だんぶり池・青森

かなりグロテスクな感じの幼虫であるが、
形はともかく、ピンク色が不気味である。

葉っぱの上で、良く目立つが、
鳥も不気味さがあって、何となく近づかないのか?




多分ハバチ幼虫
 
2010年10月20日 白岩森林公園・青森

この子は、容姿は全く普通のイモムシであるが、
静止状態がやや異常である。

これで外敵が、イモムシと思わないで、近づかないと、
この姿勢の意味が出てくるのだが・・・・

(友人ニャオト氏の指摘により、ハバチ幼虫に訂正しました)



種不明の蛾の幼虫
 
2010年9月8日 白岩森林公園・青森

3番目の蛾の幼虫も、種名がわからない。

しかし、君は、枯れ枝ポーズを決めたつもりだろうが、
完全に場所を間違ってるぞ!!!

拍手[42回]

PR
【2011/07/10 17:23 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<日本のお城 | ホーム | ちょっとだけ不思議な虫たち【2】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>