忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
ちょっとだけ不思議な虫たち【2】

今回は、ハムシ類に良く見られる「ラージポンポン」である。

このブログを開始してから2番目のタイトルが、クルミハムシだった。

薄暗くなった北海道の道の駅で、偶然出会ったこのハムシのお腹は、
まるでチョウチンがぼんやり光っているように見えた。

http://kamemusi.no-mania.com/Entry/2/

このときは、初めて見たその異様さに、軽く衝撃を受けた。


そして、それから半年ほどの間に、
連続して他の3種のハムシでも、ラーポン個体を見つけた。

 
 

ヨモギハムシ(ハムシ科)
 
2010年10月10日 弘前市・青森

クルミハムシに近い膨らみ方であるが、
もともとの体型が平べったくないので、迫力はない。

背景のヨモギの花穂は、ハイイロセダカモクメ幼虫を思い出す。

http://kamemusi.no-mania.com/Entry/27/

 


アザミオオハムシ(ハムシ科)
 
2010年9月29日 戦場ヶ原・栃木

写真の撮り方が下手くそなので、
あまり迫力は感じられないが、結構大きなお腹である。

(⇒もちろん、アングルを変えようとしたが逃げられた?)

 

 

ルリハムシ(ハムシ科)
 
2010年7月5日 室蘭市・北海道

前2種ほどではないが、ラーポンである。

子孫を残すという生物界の宿命の中で、
人間の場合も含めて、母親に感謝である。

 


ここで、もう一度、あの衝撃のクルミハムシの、
ぼんやり提灯を、さりげなくご覧ください。

 クルミハムシ(ハムシ科)
 
2010年7月4日 伊達市・北海道

やっぱり、女性はちょっとだけ不思議だ・・・・

拍手[42回]

PR
【2011/07/09 05:24 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ちょっとだけ不思議な虫たち【3】 | ホーム | ちょっとだけ不思議な虫たち【1】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>