忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
早春の美しい虫たち⑤/⑧

金色のバランス: ウスベニヒゲナガ


今回の蛾は、ちょっとだけ不思議である。
比較的目立ちやすい金属光沢の体に、
雄は体長の2倍以上ある長い触角を持っている。

昨年、同じ仲間のホソオビヒゲナガガを紹介した。
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20100920/1/

このときもそうだったが、正式和名には、
最後のガが、いらないらしい。
したがって、ホソオビヒゲナガウスベニヒゲナガが正しい。

しかし、ネット上では、ほとんど人が、
科名が「ヒゲナガガ科」である影響か、
ガが一つ多いタイトルのような和名を用いているようである。


今回は、雌の写真も撮れた。、
触角は、まあ普通より、やや長いかという程度である。

どうやら雄の長い触角は、
交尾行動に関係している可能性がありそうである。

 

ウスベニヒゲナガ雄(ヒゲナガガ科)
 
2011年6月1日 志賀坊森林公園・青森

最初に、見つけたときには、こんな感じで、
白くて必要以上に、長い長い触角が目立っていた。

 
 

ウスベニヒゲナガ雄(ヒゲナガガ科)
 
2011年6月1日 志賀坊森林公園・青森

もちろん長い触角は、風の影響か、
あるいは自分で動かしているのか、
ゆらゆら微妙に、揺れていた


 

ウスベニヒゲナガ雌(ヒゲナガガ科)
 
2011年6月1日 志賀坊森林公園・青森

すぐ近くで、雌を見つけた。

こちらは、雄の触角の半分以下の長さで、
根元の半分ほどは、真っ黒だった。




ウスベニヒゲナガ雌(ヒゲナガガ科)
 
2011年6月1日 志賀坊森林公園・青森

別の角度から見ても、明らかに丈夫そうな触角である。

 
 

ウスベニヒゲナガ雄(ヒゲナガガ科)
 
2011年6月1日 志賀坊森林公園・青森

最初に、雌雄の触角の長さの違いから、
交尾行動に何らかの関与をしている可能性があると書いた。
 

いつか、それを確かめてみたい。
 

拍手[44回]

PR
【2011/06/07 13:39 】 | 光輝く美しさなの? | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<早春の美しい虫たち⑥/⑧ | ホーム | 早春の美しい虫たち④/⑧>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>