忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
不思議な捕食者【1】 ワカバグモ

生物は、その宿命上、ほとんどすべての植物を除いて、
他の生物を食って生きている。

したがって、多くの生物種は、動物も植物も含めて、
子孫を残すために、他の生物に食われないように、
さまざまな手段を用いて対抗してきたはずである。

このブログでは、その防御手段の面白さ・ユニークさから、
食べられる方の対抗手段(擬態・防御物質・目玉模様など)を、
メインに、これまで紹介してきた。

 

今回は、捕食者の方にスポットを当てて、
その不思議な行動を見てみよう。

まず、だんぶり池で、カメラに写すことができた
ネットを作らないクモ類の捕食現場を紹介したい。

  

ワカバグモ雌(カニグモ科)
 
2011年5月24日 だんぶり池・青森

羽があって、飛ぶことのできる昆虫類は、
最も有効な「逃げる」という防御手段を備えている。

しかし、食べる方も、生活がかかっている(!?)。

ハエが飛んで逃げるスピードより、
クモの一種の捕獲スピードの方が、はるかに早い!!!

 

ワカバグモ雌(カニグモ科)
 
2011年6月5日 だんぶり池・青森

何と、ヒメツノカメムシを捕食している。
当然、フォーカスはカメムシの方に!

少なくとも、カメムシのあの匂いは、
クモに対しては、防御効果はなかったことになる。

過去にそのことを、やや詳しく述べたが、
その証拠写真となる・・・
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101107/1/

 


ワカバグモ(カニグモ科)
 
2011年6月6日 だんぶり池・青森

こちらも、普通にアブを捕食している。

ワカバグモもアブも、だんぶり池でよく見かける。

 

 

ワカバグモ(カニグモ科)
 
2011年6月6日 だんぶり池・青森

自分より大きなハエかアブを捕食している。

しかし、さらに、次の光景は衝撃である。

 


ワカバグモ(カニグモ科)
 
2011年6月2日 だんぶり池・青森

自分よりかなり大きなガガンボを捕食している。

でも、これからどうするんだ?


 

拍手[41回]

PR
【2011/07/16 16:56 】 | 捕食者 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<不思議な捕食者【2】 クモ類 | ホーム | 日本のお城>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>