忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
ベイツ型擬態を見破る疑似体験③ アブ? ハチ??


私は、葉っぱの上にいるハチやアブを見つけると、
それがどっちなのかを確かめる前に、
カメラを向けてシャッターを押してしまいます。

 ⇒多分「アブハチ撮らず」ではありません【注】


と言うことは、それからしばらくして、
忘れた頃(?)に、その生態写真だけを見ると、
ハチのなか、アブなのか、判断に迷うことがあります。


そんな写真は、このシリーズのためにあるようなものです。

 

 

今回③の「ベイツ型擬態を見破る疑似体験」は、
ハナバチに似せたハナアブの仲間ですが、
この組み合わせ(?)は、目にする機会が多いはずです。


 ⇒全くの「偏見」と「思い込み」ですが、
  私は『虻蜂取らず』のことわざからは、
  ハナアブとハナバチを連想します【注】

 

 

・・・それでは、


あなたは、以下の写真の中で、
どの子を手で掴みますか?

 

 

 


アブ? ハチ??

 

 

 

・・・・・・・・・・・




 


・・・回答です。


まずは、モデルとなったハチは、右上と左下です。

 

 


右上: オオマルハナバチ(ミツバチ科)

2012年5月20日 白岩森林公園・青森

前回までのスズメバチ類と大きく違って、
ハナバチ類は、丸っこく毛むくじゃらな感じです。

胸部から腹部にかけて、白・黒・黄色の縞模様で、
個人的には、そんなに怖そうなイメージはありません。

 

 

 

 

左下: クマバチ(クマバチ科)

2013年9月25日 ひたちなか市・茨城

丸いハチの中では、かなり大型の種で、しかも、
飛んでいるときの羽音は、ビックリするほどの大きさです。

ただ、いつも花のまわりを飛び回っている印象があり、
人間が近づいても、ほとんど関心を示さないようです。

 

 


 


・・・ということは、左上と右下の2種は、アブです。

 

 

 

左上: オオハナアブ(ハナアブ科)

2013年10月1日 だんぶり池・青森

基本的に黒色のアブなのですが、
腹部にある太い赤黄色の帯が目立つので、
隣の写真のマルハナバチに似ています。


ただ、大きな複眼がある頭部の形状が、
ハナバチの仲間とは違うので、
慣れれば見分けやすいと思います。


 ⇒幼虫が水中で育つので、
  成虫も湿原の花でよく見かけます。

 

 

 

 

右下: ニトベベッコウハナアブ(ハナアブ科)

2010年9月2日 だんぶり池・青森

オレンジ色と黒色のコントラストが、
なかなか良い味を出している大型のハナアブです。

この雰囲気は、明らかに(?)ハナバチに擬態しています。


 ⇒以前紹介したように、この子の幼虫は、
  キイロスズメバチの巣に寄生するようです。

  【ハチの巣に入り込む虫たち】
   ↓   ↓   ↓
   http://kamemusi.no-mania.com/Date/20151227/1/

 

 


【注】前回も、ちょっとだけ触れた「ことわざ」ですが、
   語源となったアブとハチの種類は、
   何故か、ハナバチとハナアブのような気がします。
   これは、全くの個人的な印象なのですが・・・


   でも、良く考えてみると、何故(人間が)、
   わざわざアブかハチを、迷って捕まえるのでしょうか?


   このことわざは、「二兎を追うものは一兎をも得ず」と、
   全く同じ解釈をすべきではなく、むしろ、
   危険なハチと危険でないアブを見て、
   どっちか迷うより、きっぱりと、両方諦めなさい!!
   という解釈の方が、より真実に近いような気がします。

 

 

 

     

拍手[16回]

PR
【2016/02/26 06:36 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0)
<<ベイツ型擬態を見破る疑似体験④ アブ? ハチ?? | ホーム | ベイツ型擬態を見破る疑似体験② アブ? ハチ??>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>