忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
ベイツ型擬態?③ トラカミキリ類

日本国内で見られるベイツ型擬態で、いちばん有名なのが、
ハチに擬態するトラカミキリの仲間であろう。

この標識的擬態は、比較的分かりやすい。

 

キイロスズメバチ(スズメバチ科) ⇒モデル
 
2010年8月25日 だんぶり池・青森

ハチの模様は、基本的に黒と黄色の縞模様で、
これは、人間世界でも道路や工事現場などで、
「危険」を現す視覚的情報として、
よく使われる典型的な「警戒色」である。

だんぶり池の林道でも、縦横無尽に獲物を探して、
飛び回っているのを良く見かける。

まるで、「外敵なんかいるか!!」という雰囲気であるが、
本当に鳥はスズメバチ類を餌としないのだろうか。

⇒当初は、キボシアシナガバチとしていましたが、Nabita氏より、
  キイロスズメバチであるとご連絡いただきましたので、
  種名を訂正しました。

 


ヤエヤマホソバネカミキリ(カミキリムシ科) ⇒擬態者
2003年4月6日 与那国島・沖縄

4月上旬でも、真夏のように暑かった与那国島で、
木陰で昼飯を食っているときに飛んできた。

やっぱり最初は、カミキリとは思わなかった。

幼虫時代の食べ物が、リュウキュウアカメガシワとのことで、
もしかして、有毒成分が体液に含まれている可能性があるが・・・

  


キンケトラカミキリ(カミキリムシ科) ⇒擬態者
2010年6月5日 白岩森林公園・青森

 こちらも、淡い黄色をしたカミキリで、
容姿だけでなく、動きもハチに似ている。

トラカミキリの仲間は、比較的良く見かけるが、
それでもアシナガバチの方が、個体数は多い気がする。

おそらく、ベイツ型擬態が、正常に機能しているのだと思う。
 

拍手[43回]

PR
【2011/05/27 05:42 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0)
<<ベイツ型擬態?④ ホタルガ | ホーム | ベイツ型擬態?② セグロベニトゲアシガ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>