忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
ベイツ型擬態?② セグロベニトゲアシガ

日本国内で見られるベイツ型擬態の
もうひとつの例を示そう。

実は、モデルとなった種があまり有名でない場合には、
少なくとも、人間に与えるインパクトは、ほとんんどない。

 
カクムネベニボタル(ベニボタル科) ⇒モデル
 
2010年5月23日 梵珠山・青森

鮮やかな赤と黒の典型的な警戒色をしており、
不味成分を体内に持っているので、
捕食者が食べても、すぐに吐き出す。

これらの事実から、ベニボタル類は、
多くのベイツ型擬態者のモデルになっている。

 


セグロベニトゲアシガ(マルハキバガ科) ⇒擬態者
2010年7月5日 室蘭高原・北海道

実に奇妙な格好で静止している。
櫛の歯のような触角と、赤と黒の胴体をもっている。

しかし、この子の擬態はそれだけではない。

何故か、同じようなイメージの後脚(?)を、
まるで触角のような微妙な位置に静止させて、
ギンギラキンにさりげなくベニボタルのように見せている。

この子が、蛾であることは、普通の人は気付かないだろう。
もちろん鳥のような捕食者も・・・・

 


アカヘリサシガメ(サシガメ科) ⇒???
 
2010年6月18日 だんぶり池・青森

問題は、この子である。
肉食のサシガメであり、赤と黒の不気味なツートンカラー!

しかし、この色彩パターンが、
ベニボタルに擬態しているのかどうかは、
良く考えると、かなり微妙である。

むしろ、セグロベニトゲアシガの色彩パターンにも似ている。

アカヘリサシガメがいくら獰猛な肉食であっても、
鳥などの捕食者に対しての防御手段は何もないと思われる。
だから、ミューラー型擬態の範疇には、入らないはずである。

もちろん、当初は有毒物質をもっていたが、
今は、ベイツ型擬態になっている可能性もないことはない。

このように、比較的単純なベイツ型擬態の場合でさえ、
モデルと擬態者の関係は微妙であり、
その防御効果についても、かなり慎重に考えざるを得ない。

ミューラー型擬態の、日本での例については、
別の機会に紹介する予定・・・・・・・??

 

拍手[44回]

PR
【2011/05/25 07:25 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ベイツ型擬態?③ トラカミキリ類 | ホーム | ベイツ型擬態?① アゲハモドキ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>