忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
ベイツ型擬態?① アゲハモドキ

このブログの「記念すべき第1回目の記事」で、
日本で見られるベイツ型擬態の好例として、
ハチに擬態した蛾セスジスカシバを紹介した。

よろしければ、もう一度、セスジスカシバ君の見事な擬態をどうぞ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Entry/1/

彼の場合は、誰が見ても、どう見ても、ハチのような蛾であった。


しかしながら、ベイツ型擬態とは言っても、
中には、かなり微妙なものもある

今回は、日本で見られるベイツ型擬態の例を、
数回に分けて、紹介したい。


まずは、下の2枚の写真をご覧ください。


ジャコウアゲハ(アゲハチョウ科) ⇒モデル
 
2003年4月5日 与那国島・沖縄

ジャコウアゲハの食草であるウマノスズクサ類には、
有毒物質(アルカロイド)が含まれている。
幼虫時代に体内に摂取した成分は、
成虫になっても体内に蓄積されている。

鳥などの捕食者は、一度ジャコウアゲハ成虫を食べると、
体液に含まれる有毒成分により中毒症状をおこす。
多くの捕食者は、一度経験すると、以後、
黒地に赤の斑紋のあるチョウを識別し、攻撃をしなくなる。

 


アゲハモドキ(アゲハモドキガ科) ⇒擬態者
 
2008年9月1日 白石市・宮城

写真を見る限り、ジャコウアゲハに良く似ている。
和名からして、アゲハに擬態していると考えられていた。

ところが、この子は、写真ではわかりにくいが、
ジャコウアゲハよりだいぶ小さい。

しかも、南方系のジャコウアゲハが生息していない
北海道・東北地方にも、普通にみられる。

このふたつの理由から、
アゲハモドキがジャコウアゲハに擬態する効果については、
疑問を持つ人もいる。

一方で、有力な捕食者が渡り鳥である場合を考えると、
南方でジャコウアゲハの嫌な経験を覚えていて、
北国で、その経験を、ふと思い出すことも、
全くあり得ない話ではないだろう。

これが「ちょっとだけ不思議な昆虫の世界」なのだ。


 

拍手[45回]

PR
【2011/05/23 16:14 】 | 擬態 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ベイツ型擬態?② セグロベニトゲアシガ | ホーム | 日本の桜 【弘前城】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>