忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
警戒色の無毒昆虫?

オニヤンマジョロウグモの模様は、
下の写真のように、基本的に黒と黄色の縞模様で、
遠くからでもよく目立つ。

 

オニヤンマ(オニヤンマ科)
 
2011年8月26日 だんぶり池・青森

この色の組み合わせは、典型的な「警戒色」と言われ、
ホバリング中でも、なかなか良く目立つ。

この色の組み合わせは、我々人間も、
道路の危険個所や工事現場などで、
特に注意を促す視覚信号として、使用している。

 


ジョロウグモ(アシナガグモ科)
 
2010年10月9日 弘前市・青森

何故、無毒で防御物質も持たない彼らが、
わざわざこんな目立つ模様をしているのだろうか?

 

オニヤンマもジョロウグモも、
基本的には無毒・無害の虫であり、
捕食者である小鳥たちに対して、
何の対抗手段も持っていないはずである。

ベイツ型擬態の可能性もないとは言えないが、
両者とも、ハチとかなり形状が異なっており、
彼らを、ハチと間違えて、
捕食をためらう小鳥は、おそらくいないだろう。


やはり、普通の捕食者にとってみれば、
大型のオニヤンマとジョロウグモは、
ある程度、危険な存在である可能性はある。

 

しかし、下の写真のヒメバチは、どうだろうか?

 

オオホシオナガバチ(ヒメバチ科)
 
2011年8月23日 酸ケ湯温泉・青森

か細いイメージがあるヒメバチの仲間で、
こんな色の種類がいるなんて!

しかし、これは、どう見ても典型的な警戒色である。

 

また、こんな中途半端なやつもいる。
 

ヨツスジハナカミキリ(カミキリムシ科)
 
2010年7月15日 だんぶり池・青森

このカミキリ場合は、ハチに擬態してるとも思えるが・・・・

しかし、ベイツ型擬態ではないとすると、警戒色というのは、
有毒であるとか、不味いとか、武器を持っているとか、
その背景となるものがあって、初めて意味を持つ。

もし、何でもなく、ただ目立つだけであるならば、
捕食者にとって、それは良いカモでしかないだろう。

 


ただ、黄色と黒の警戒色そのものの情報に、
全く意味がないとまでは、言い切れない部分もある。

もしかしたら、生物は、黒と黄色の縞模様を、
本能的に嫌うのかもしれない・・・・


というのが、今回の陳腐な結論である。

拍手[32回]

PR
【2011/08/26 18:44 】 | 擬態 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
<<スズメガの種類【1】 目立たないタイプ | ホーム | ちょとだけ不思議な都会の風景>>
有り難いご意見
無題
初めまして。
二年前の記事についてではありますが、興味深い話だったのでコメントさせてください。

私も以前から、オニヤンマやジョロウグモなどがハチのように毒を持っているわけではないのに、なんであんな目立つ色をしているのか不思議でした。
オニヤンマはいくら昆虫にしては大きいといっても、鳥に対しては小さく力も弱いはずで、逆に適度に大きいから食べ応えもありそうで獲物としては格好に見えそう?で、ホバリングしているところや、飛ぶ速度が速いツバメなどに襲われたらひとたまりもなさそうなのに、何でわざわざあんな目立つ格好しているのか?と思ってました。
クモにしても、大型の造網性のクモの内、軒下などに隠れることが多いオニグモは地味な色をしているのに、常時巣の中央にいるジョロウグモやナガコガネグモは目立つ色。あれでは鳥から見れば空中に浮かんでいる格好の餌に見えかねません。でもこれらに鳥に対抗する毒はない。普通に考えたら、取るべき行動はオニグモと逆だろと思ってました。
そこで私が出した結論は、これらの昆虫は、ハチに似せるトラカミキリのようなベイツ型擬態をしているのでは?でした。
オニヤンマも大型の造網性のクモも他の昆虫に対してはそれ程強敵はいないかもしれませんが、鳥(や大型動物)に対しては無力。そこでそれら巨大な敵にもある程度の効果が見込める毒を持ったハチの姿を真似ているのでは?でした。
オニヤンマはハチと同じように空を飛ぶから、鳥がパッと上空から見たら、「うわっ!でっけーハチ!」と見えるかもしれませんし(笑)、巣の中央にいるジョロウグモなども、遠くから見たら空中でホバリングしているハチに見えるかもしれません。

Sally Genakさんの「もしかしたら、生物は、黒と黄色の縞模様を、
本能的に嫌うのかもしれない・・・・」説も、興味深いですね。確かに踏切の遮断機などもそうですね。別にハチを意識したわけではないでしょうに。
でもここで疑問が一つ。そもそも何故生物は黄色と黒の縞模様を警戒するようになったのでしょうか?そう考えると、もしかしたら生物が本能的に黄色と黒の縞模様を嫌うようになった理由は、多くの生物がハチに刺され続けてきた成果では?との考えに至りました。有毒昆虫は数多くいれど、ハチほど多くいるものはないと思われるので。

以上、稚拙な長文になってしまいましたが、これで失礼します。
【2013/05/30 16:14】| | ポチ #5611d16767 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>