忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
だんぶり池で昼間飛ぶ蛾


だんぶり池には、昼間飛ぶ蛾がたくさんいる。

3月24日に紹介した「だんぶり池で昼間飛ぶ蛾」の続きである。

http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110324/1/

多くの蛾は、通常は夜に活動するのに、
何故、ほんの一部の蛾が昼間飛ぶのだろうか?


以下の5種は、その理由が、
何となく、わかるような気がするが・・・

 

トラガ(トラガ科)
 
2010年6月19日 だんぶり池・青森

この蛾は、今年2月20日に、
昆虫アルファベットの【J】として、すでに紹介している。

http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110220/1/

普段は、このように隠れていて見えないが、
黒白の前翅表面の下に、良く目立つ黄色の【J】の模様がある。
 

この目立つ模様は、今年3月8日に紹介したように、
目玉模様のような「ビックリ効果」が期待できる。

http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110308/1/

幼虫の食草は、シオデやサルトリイバラであり、
体液に有毒(不味)成分を含むとも思えないので、
もしかしたら、標識的擬態の可能性もあるかもしれない。

いずれにしても、「ちょっとだけ不思議な蛾」である。

 


イカリモンガ(イカリモンガ科)
 
2010年8月23日 だんぶり池・青森

花に蜜を吸いに来る飛び方や、
止まったときの容姿は、
どう見てもタテハチョウである。

 
 

ユウマダラエダシャク(シャクガ科)
 
2010年8月1日 だんぶり池・青森

市街地でも、比較的良く見かける蛾である。

鳥のフンに擬態していると言われているが、
これについては、改めて紹介したい。

幼虫は、マサキなどの生垣につく害虫でもある。

 


シラフシロオビナミシャク(シャクガ科)
 
2010年6月6日 だんぶり池・青森

この子も、白黒の比較的目立つチョウのような蛾である。
近縁種が多く、もしかしたら、違う種かもしれない。

 


クロスジノメイガ(ツトガ科)
 
2010年8月29日 だんぶり池・青森

この子は、どう見ても蛾であるが、
何故か、昼間花に止まっているのを良く見かける。

灯火採集でも採れるとのことで、
昼夜ともに活動するのかもしれない。

 

拍手[44回]

PR
【2011/05/14 18:27 】 | 昆虫の種類 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<カメムシのルーズな集団 | ホーム | 鏡のような湖沼>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>