忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
ちょっとだけ綺麗な虫たち ハバチ類


ハチに対しては、嫌いというほどではないが、
どうも、あまり良いイメージはない。

あまり刺されたことはないのだが・・・


黄色と黒の警戒色っぽい色彩が多いし、
種の同定がややこしいからだろうか?

 

こんな前振りでは、先が見える???

 

 


ただ、ハチの仲間でも、特にハバチ類には、
色彩に変化が多く、美麗種が多いのだ。

 

 


キムネコシボソハバチ(ハバチ科)

2012年6月14日 白岩森林公園・青森

黄色と黒色の縞模様は、本当によく目立つ。

名前にケチをつけるつもりはないのだが、
この子は、ムネは黒色部分が多いし、
コシはそんなに細くない。


昔は、広腰亜目と呼ばれていたハバチ類だが、
多少とも、腰の部分が狭くなっているかも・・・

ギリギリのところで、ベイツ型擬態なのだろうか?
 

 

 

 


多分セマダラハバチ(ハバチ科)

2012年6月3日 白岩森林公園・青森

この子は、完全な黄色ではなく、どちらかというと、
うす緑色が、葉っぱの色に負けていない気がする。

セマダラハバチの仲間は、近縁種が多いので、
写真だけでの同定は、難しいのだが・・・

 

こんな、か弱い雰囲気なのに、
自分と同じくらいの大きさの虫を捕獲して、
ガリガリと食べているのだ。


 ⇒下に、切り落とされた犠牲者の頭部が!


ハバチの成虫は、基本的に肉食なのだ。

 

 

 


モンキハバチ(ハバチ科)

2012年6月27日 白馬岳山麓・青森

この子は、オレンジ色に近い黄色で、
翅も同じような色合いなので、
葉っぱの上で、良く目立つ。

近縁種はいないようで、同定は間違いないかも・・・


ハバチの仲間は、雌でも人を指すことはないので、
安心して手で触れるが、ハバチでない場合もあるので、
むやみに手で掴まない方が良いうだろう。

 

 

 


クロムネアオハバチ(ハバチ科)

2014年5月30日 荒船山山麓・群馬

この子のうすい青緑色は、なかなか良い雰囲気を出してる。

東北の5~6月は、新緑の綺麗な季節だが、
それにさりげなく調和(?)したハバチが結構見られる。


 ⇒名付けて、新緑のハチ??


でも、これで肉食系とは、ちょっと不思議?!

 

 

 

ルリチュウレンジ(ミフシハバチ科)

2012年9月25日 東海村・茨城

ハチの仲間で、金属光沢を持つ種類は、
おそらく、あまり多くないだろう。

幼虫は、有毒ツツジの葉っぱを食べるので、
おそらく成虫も、野鳥類に食べられることはない。


お気づきのように、この金属光沢の雰囲気は、
前回のブログで再掲したヒメツチハンミョウにそっくり・・・

 

もしかしたら、ツチハンミョウの仲間とミュラー型擬態??
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110504/1/

 

 ⇒ハバチに対するこれまでのイメージが、
  ちょっとだけ変わった・・・・ 




 

    

拍手[17回]

PR
【2015/04/08 05:47 】 | 昆虫の種類 | 有り難いご意見(1)
<<ちょっとだけ綺麗な虫たち ヒトリガの仲間 | ホーム | 千載一遇!? マルクビツチハンミョウの交尾>>
有り難いご意見
無題
おはようございます。

色々この手のハチにも種類があるのですね。

色彩も様々で綺麗です。
【2015/04/08 09:24】| URL | だんちょう #7dc4885ddc [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>