忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
綺麗だけど小さすぎる!

小さいけれど、まるで宝石のような綺麗な虫がいる。

もっと大きかったら、もっともっと人気が出たのに!!

 

 

アカガネサルハムシ(ハムシ科)

2011年6月21日 だんぶり池・青森

手持ちの写真の中で、ベスト10に入る美麗種。
赤と緑が調和したメタリックに輝く体色は、まさに小さなタマムシだ。

このような、良く目立つ金属光沢の虫たちは、
捕食者の側からから見ると、生き物(餌)とは思えないのかもしれない。

 

 

ルリハムシ(ハムシ科)

2010年7月5日 室蘭市・北海道

この金属光沢も、素晴らしい。

確かに、こんなに小さくても、よく目立つ。

ただ、この子の場合には、上のアカガネサルハムシとは違って、
もしかしたら、直射日光下では光を反射して、
逆に保護色的な効果があるのかもしれない。

 

 

 

マスダクロホシタマムシ(タマムシ科)

2011年6月14日 東海村・茨城

小型のタマムシで、図鑑では、緑色が普通のようである。
ただ、黄色~緑色~赤色まで変化する。

この写真では、鮮やかな赤色が綺麗だ。

さすが、小さくてもタマムシ!!!

 

 


トドキジラミ(キジラミ科)

2011年6月1日 白岩森林公園・青森

この虫は、光とは無関係に、赤色~緑色まで変化している。
まさにこの写真は、体の色が、前から後に変化している。

あまり派手な美しさではなく、ちょっとだけ和風??

しかし、僅か数ミリの体長では、小さすぎる!!!

 

 


アカアシカスミカメ(カスミカメムシ科)

2012年8月4日 五色沼・福島

この仲間は、分類が難しく、なかなか好きになれないが、
中には、こんな美麗種もいる。

写真のように脚が赤く、黒色と赤色の複雑な斑紋がある。

緑の葉っぱの上では、かなり目立つが、
何かに擬態しているのだろうか?

それとも、分断色??

 

 


 


拍手[15回]

PR
【2012/12/25 06:29 】 | 昆虫の種類 | 有り難いご意見(4)
<<だんぶり池のカメムシ【7】 | ホーム | 雑草地の花>>
有り難いご意見
無題
ももさんへ

ペッカム型擬態は、英語では【Peckhammian mimicry】と言います。


釣り用の擬似餌は、専門用語では【lure】ですよね。

多分、疑似餌そのものを【Mimicry】とは言わないと思います。

【imitation】、【copying】などでは、インパクトがないですよね。


英語のアングラー【angler】は、
釣り人という意味の他に、
頭の先に擬似餌を付けて、
近づいてくる獲物をとらえる
アンコウ類のこともさすようです。



【2012/12/27 22:04】| | Sally Genak #2a1367b112 [ 編集 ]


無題
なるほど…勉強になりました
回答ありがとうございました

ちなみに攻撃擬態(ベッカム擬態)は英語ではなんと表現されているかご存じでしょうか?

実は私、疑似餌を作っていて、無機物な木材に人の手によって魂を吹き込みあたかも餌になる小魚のようにごく自然にみせ(こじつけですが木が小魚に擬態して対象魚を釣るいるという意味で)魚を誘い釣る疑似餌を英語で表したくて。
その場合でもやはり【Mimicry】が相応しいと思われますか?
重複なような質問で申し訳ありません。

【2012/12/27 21:13】| | もも #58273c8545 [ 編集 ]


無題
ももさん、コメントありがとうございます。

擬態の一般的な定義では、
信号受信者に対して、
目立たなくする隠蔽的擬態【Mimesis】と、
逆に、目立たせる標識的擬態【Mimicry】に、
便宜上、分けています。

さらに、擬態とは、あくまでも、ある生物が、
より多くの子孫を残すために行う「生存のための手段」です。

ですから、警官に似せたガードマンとか、
高級バッグの偽物商品とかは、
擬態とは別のカテゴリーに属するものと考えます。


ただ、少し拡大解釈することもできるとは思います。

ご質問の回答としては、ルアーは、
信号受信者(魚)に対して、
目立たせると考えられますので、
Mimicryになるかと思います。

テレビゲームの宝箱については、
良くわかりませんが、こちらも、
目立たせるタイプでしょうか?

さらに言えば、攻撃擬態(ベッカム擬態)かも・・・


いずれにしても、一般的な生物現象を、
人間の文化的な事象にまで、拡大解釈するのは、
大きな誤解を生じることもありますので、
個人的には、あまり好ましくないと感じています。

【2012/12/27 20:53】| | Sally Genak #2a1367b112 [ 編集 ]


無題
はじめまして、擬態からたどりつきとても楽しく興味深く記事を読ませていただいています。
個人的な質問があり、お時間がございましたら教えていただきたくコメントさせて頂きました。
例えば、人の手で作った魚を誘う疑似餌(ルアー)を魚や虫の様に見せて操って(擬態させて)魚を誘い、欺き、釣るという場合は【Mimesis】と【Mimicry】とどちらが相応しいと考えますか?
また、テレビゲームであった宝箱のフリをして宝箱を開けようとした勇者に襲いかかるミミックという名前のモンスターキャラクターがいるのですが、この場合もどうでしょうか?
よろしくお願いします。
【2012/12/27 19:11】| | もも #58273c8545 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>