忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
ちょっとだけ不思議なリンゴの木

   謹 賀 新 年

今年もよろしくお願いいたします。



 
2011年11月6日 弘前リンゴ公園・青森

この写真、ちょっと違和感があると思いませんか?

一本の木に、まるでトマトやイチゴのように、
赤色、緑色、黄色のリンゴが・・・・!!!


デジカメ写真を加工しているわけではありません。

 

 


ちょっとだけ不思議なリンゴの木

 2011年11月6日 弘前リンゴ公園・青森

良く見ると、同じ枝に黄色と赤のリンゴが!!!

通常の栽培では、こんなことは起こりません・・・(多分?)。


何故?????

 

その理由は・・・・・・・・・


黄色いリンゴは直前まで、有袋栽培をしていたもの。
赤いリンゴは、無袋栽培を外した直後のものだそうです。


公園の係りの人が、嬉しそうに説明してくれました。

無袋栽培をすると、日光が多く当たるので、糖度が上がり甘味が増す。
しかし、貯蔵性は落ちるとのことで、
市場では【サンつがる】とか【サンふじ】とかと呼ばれています。

一方、有袋栽培すると、モモシンクイガの物理的防除以外にも、
大きなメリットがあり、無袋リンゴほど甘味は出ないが、
果皮が鮮やかな紅色で美しく、商品価値が上がる。

また、貯蔵性が高くなり、例年5月くらいまで店頭に並ぶとのことでした。

 


拍手[26回]

PR
【2012/01/01 09:20 】 | 植物 | 有り難いご意見(0)
<<ベストショット | ホーム | アイン君【4】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>