忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
虫たちの親子-42 ヨツボシカメムシ

    
全国に分布するヨツボシカメムシだが、
関東以西では、むしろ珍品扱いで、
昔住んでいた四国では、見かけた記憶がない。


ただ、何故か、弘前周辺では普通に見られる【注】


非常によく似た名前のヨツモンカメムシと、
全く同じ状況であることが、ちょっとだけ不思議だ。


【昔は珍品だった?? ヨツモンカメムシ】
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20131117/1/

 

 

 

・・・まずは、幼虫から!!

 

 


ヨツボシカメムシ幼虫(カメムシ科)

2010年8月19日 梵珠山・青森

淡褐色を基調にしたカメムシ科の幼虫は、
みんな雰囲気が似ており、同定が難しい。

しかも、出会いが初夏の頃に集中する。

 

前回のブチヒゲカメムシ幼虫と、
見た目はかなり似ているのだがが、
以下の3点の特徴で、さりげなく同定できた。


 ① 前胸側角の形状が成虫と同じ。
  ⇒下の写真が分かりやすい!

 ② 触角先端部付近の黄色の部分。
  ⇒これは、成虫と全く同じ!

 ③ 脚の色が白っぽい。
  ⇒前回のブチヒゲカメムシとは、明らかに違う!

 

 

 

 

ヨツボシカメムシ幼虫(カメムシ科)

2010年8月1日 だんぶり池・青森

腹部背面に、目立つ黄色の紋が4個あるが、
このホシ(?)が、和名の由来ではない。

 ⇒カメムシ類の幼虫の腹部背面には、
  悪臭成分の放出孔(臭腺の開口部)があって、
  この雰囲気の模様が見られることが多い。


この子は、マメ科植物上で発見されることが多いので、
ギリギリ同定のヒントにもなっている。

 

 

 

・・・そして、成虫!!

 

 

 

ヨツボシカメムシ成虫(カメムシ科)
 
2015年7月12日 だんぶり池・青森

偶然見つけた交尾中のカップルで、
マメ科植物上で発見することが多い。

ちょっとだけ分かりにくいが、成虫の胸部には、
4個の紋(ホシ?)が一列に並んでおり、
こちらの方が、和名の由来だと思う。

ただ、分かりにくい和名であることは間違いない。

 

 

 

 

【注】ヨツボシカメムシ Homalogonia 属には、
   2004年に、新たに2種が確認されて、
   日本産の種類は、3種に増加したようだ。

   ただ、新たな2種は、産地が限られ、
   発見個体数も、かなり少ないようなので、
   なかなか、手持ちの標本や写真を、
   再検討する気にはならない??

 


   

拍手[14回]

PR
【2016/03/07 07:02 】 | 虫たちの親子 | 有り難いご意見(0)
<<虫たちの親子-43 トゲカメムシ | ホーム | 虫たちの親子-41 ブチヒゲカメムシ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>