忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
だんぶり池で見かけた虫たち タテハチョウ科②

だんぶり池周辺で見かけるタテハチョウの仲間、
昨日に続いて2回目である。

タテハチョウ科のチョウは、種類が多いので、
3回に分けて紹介する。

 


009イチモンジチョウ(タテハチョウ科)

2010年7月26日 だんぶり池・青森

だんぶり池では、比較的良く見かけるが、
集団でいることは、少ないようである。

茶色ベースに白い斑紋のチョウは多いが、
この類は、比較的同定が容易である。


幼虫は、スイカズラ科植物の葉を食べる。

 

 

010アサマイチモンジ(タテハチョウ科)

2011年8月3日 だんぶり池・青森

上のイチモンジチョウと、飛んでる時は区別がつかない。

翅表面の白い斑紋の3か所に、微妙な違いで識別するが、
おそらく同定は間違いないと思う。


このチョウは、何故か、北海道と九州には、分布していない。


⇒当初、別の種をミスで使用していましたが、Nabita氏のご指摘により、
 正しい写真に変更しました。

 

 

 

011コミスジ(タテハチョウ科)
 
2010年7月27日 だんぶり池・青森

ミスジチョウの仲間は、数回羽ばたいた後に、
グライダーのように滑空する独特の飛び方をする。

葉の上に静止するときは、このように翅を開いていることが多い。

幼虫は、マメ科植物の葉を食べる。

 

 

012サカハチチョウ春型(タテハチョウ科)
 
2011年6月5日 だんぶり池・青森

サカハチチョウの成虫は、春と夏の年2回出現する。
写真の春に出てくるものは、オレンジ色がよく目立つ。

真上から見ると、漢数字の八が逆さになったような模様があり、
おそらくこれが名前の由来だろう。

でも、上のイチモンジチョウもアサマイチモンジもある・・・?

 

 

012サカハチチョウ夏型(タテハチョウ科)
 
2010年7月26日 だんぶり池・青森

同じチョウの夏型は、このように焦げ茶の地色で、
イチモンジチョウと間違えるほど・・・

同じ時期に、野外で見られることは絶対(多分?)ないが、
春型と夏型がこれほど違うと同種とは思えない。

幼虫は、イラクサ科植物の葉を食べる。

 

拍手[20回]

PR
【2012/05/04 15:21 】 | だんぶり池で見かけた虫たち | 有り難いご意見(0)
<<だんぶり池で見かけた虫たち タテハチョウ科③ | ホーム | だんぶり池で見つけた虫たち タテハチョウ科①>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>