忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
だんぶり池にも春が来た(後編)

(前回の続きです)

春が来たと言っても、だんぶり池は、まだまだ早春。
草花は小さいし、木の芽もようやく緑色になっただけ・・・


大きなチョウやトンボは、まだ見かけない。


だんぶり池周辺には、イタドリやフキがやたら目に付くが、
必死に探すと、大きな葉っぱの表面に、
小さな甲虫類が、結構見つかるのだ。

 

 

イタドリハムシ(ハムシ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

早春の虫の代表的な存在という印象があるが、
この子は、真夏でもときどき見かける。

まだ、個体数は多くない。

もう少し経つと、カメラを向けることもなくなるほど、
あちこちで見つかるようになる。

警戒色を持った種は、あまり個体数が多くないのが普通である。

実は、イタドリハムシが、ベイツ型擬態種なのか、
ミュラー型擬態種なのかは、微妙なところであるだと思う。

 

 

スゲハムシ(ハムシ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

今回、おそらく一番沢山見かけた甲虫類だ。
直射日光が当たると青く輝く、美麗種である。

この子のちょっとだけ不思議なところは、
全く同じ植物上に、数種類の色彩の異なる個体が、
普通に見られるところだ。

 

 

スゲハムシ(ハムシ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

こちらが、まるで別種のように見えるのだが、
赤っぽい銅色のスゲハムシ。

だんぶり池では、このように、青っぽい個体と、
赤っぽい個体の2種類が、同時に見つかる。

 

 

スゲハムシ(ハムシ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

そして、2色の個体が、同種であることの証拠写真。

何故か、違う色のカップルを数組見かけたが、
いずれも雄が青、メスが赤のカップルであった。

これは、ちょっとだけ不思議なのだろうか?

 

 


アトボシハムシ(ハムシ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

背中にもうひとつ黒い紋があるタイプと、
黒紋が一つもないタイプの合計3つのタイプがあるようで、
これだけ違えば、普通は別種である。

だんぶり池では、2紋と3紋タイプのみがいるようだ。

この子も、もう少し季節が進むと、
カメラを向けなくなるだろう。

 

 


ウスアカオトシブミ(オトシブミ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

もう少し大きかったら、美麗種に付け加えるところだ。

この微妙な色合いは、なんと表現すればいいのだろうか?
薄赤(ウスアカ)では、あまりにも可哀そうだ。

ちなみに、先日カーラジオで聞いた話であるが、
日本語ほど「赤」を表現する語が沢山ある言語は、
他の国にはないらしい。

⇒赤、紅、丹、緋、朱、茜などが思いつく。、
 しかも、それぞれに、薄、深、彩、明、暗などの接頭語が付くので、
 日本人は、赤系の色(?)を、何種類に区別できるのだろうか?

 

 

ハイイロヒョウタンゾウムシ(ゾウムシ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

だんぶり池では、普通に見られるが、
逆に弘前市周辺以外では、あまり見たことがない。


ネット写真を検索すると、北海道で撮ったものが目に付く。

同じくネット情報では、北海道産のものは、
多くが、単為生殖すると言われている。

 

 


コガネムシの仲間(コガネムシ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

多分濡れた土(泥)の中からから這い出してきて、
そのまま乾いてしまったようだ。

こんなことは、かなり珍しいことのように感じるが・・・


これを言い訳にして、種の同定はできなかった!?

 

 


キクスイカミキリ(カミキリムシ科)

2013年5月24日 だんぶり池・青森

幼虫が栽培キクの茎に入り込むので、害虫とされる。

真っ黒な体に、何故か、一点だけ赤い部分があり、
不思議な雰囲気のカミキリである。

このカミキリが、今回の目玉である。


何かに擬態しているのだろうか?

 

(蛇足)
ようやく春が来たというブログ記事を書いてる日(5月27日)は、
弘前市内は、突然夏になったような気がした。

当然、車はクーラーなしでは走れない。
昨日までは、部屋に電気ストーブがあったのに・・・

私の部屋は、電気ストーブの翌日から、扇風機である。
こんなことは、今までなかった気がする。

老犬アイン君(18歳6ヶ月)は、大丈夫だろうか?







拍手[19回]

PR
【2013/05/29 06:39 】 | だんぶり池で見かけた虫たち | 有り難いご意見(0)
<<虫たちの親子④ アケビコノハ | ホーム | だんぶり池にも春が来た(前編)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>