忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
だんぶり池のカメムシ【2】

今回は、だんぶり池で見られるやや小型のカメムシ類である。

 

007 ナガメ(カメムシ科)
 
2011年5月25日 だんぶり池・青森

警戒色のカメムシで、成虫は匂いを出さない。

ただし、幼虫時代には、匂いを放出することができ、
この場合は、そのにおい成分は、
警報フェロモンとして作用することが証明されている。

 


008 イシハラカメムシ(カメムシ科)
 
2011年5月29日 だんぶり池・青森

いわゆる珍品に属するカメムシで、
だんぶり池ではこの1個体のみ確認。

学名【Brachynema ishiharai Linnavuor】が示すとおり、
愛媛大学の故石原保教授の名前が付いたカメムシである。

 

009 オオトゲシラホシカメムシ(カメムシ科)
 
2011年6月5日 だんぶり池・青森

近似種が多いが、オオトゲはお腹が黒っぽい。

だんぶり池で見つかったシラホシカメムシ類は、
次種を含めて、2種のみである。

 

 

010 ズグロシラホシカメムシ(カメムシ科)
 
2011年6月26日 だんぶり池・青森

よく見ると、背中の黒と白の配色が強烈で、
他のシラホシカメムシ類には見られないインパクトがある。

かなり希な種であると思う。

 


011 ハナダカカメムシ(カメムシ科)
 
2011年6月29日 だんぶり池・青森

アカスジカメムシと一緒に、セリ科植物の花や種子で見られる。

だんぶり池では、あまり見かけない地味なカメムシである。

 

 

012 トゲカメムシ(カメムシ科)

2011年9月4日 だんぶり池・青森

関東以西では、山地にしか見られない種であるが、
さすが北国だんぶり池には、沢山いる。

何故か懐かしいカメムシである。

 


拍手[31回]

PR
【2011/09/14 18:49 】 | だんぶり池で見かけた虫たち | 有り難いご意見(0)
<<だんぶり池のカメムシ【3】 | ホーム | だんぶり池のカメムシ【1】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>