忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
かなり不思議な虫たち

このブログ名は「ちょっとだけ不思議な昆虫の世界」である。

今回は、そんな名には、ふさわしくない虫たち、
「かなり不思議な虫たち」を紹介する。


以下の写真は、もちろん自分で撮ったものなのだが、
少し間をおいて、改めて見直してみると、
なんか凄く不思議な写真であることに気付いた。

多分、集合写真の片隅に良く見かけるような、
いわゆる心霊写真に似たところがある???

 

最初の写真は、よく見ると「かなり不思議」な現象が、
さりげなく二つ同時に存在している。

 

トガリハキリバチの仲間(ハキリバチ科)

2010年8月10日 御所湖・岩手

レンゲソウにキタキチョウが止まっていたので、
近寄って、さりげなくシャッターを押した。

家に帰って、パソコンの画面で見ると、
ちょっとビックリ。

もちろん合成写真ではない。

 

 


トガリハキリバチの仲間(ハキリバチ科)

2010年8月10日 御所湖・岩手

拡大してみると、こんな感じで、
かなり不思議なのは、次の2点!!!

①このハチには、翅がない!!!
 どこから、どうやって、
 ここまで来たのだろうか????

②しかも、後ろの写っているキタキチョウの方は、
 翅に、ハチが止まっているにもかかわらず、
 平気で蜜を吸っている。

 


これはかなり不思議だ!!!!

 


最も考えやすいのは、

①本当は翅があるのだが、非常に早く翅を動かしているので、
 写真には写らなかった

②飛んでいる(ホバリング)ので、キタキチョウには触れていない

であるが、そんなことってあるのだろうか?

 

⇒これは、未解決の「かなり不思議」な現象で、
 おそらく永遠の謎である。

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(蛇足)


⇒次は、解決済みの「かなり不思議」な現象で、
 間違いなくカメラアングルの問題である。

 


サトクダマキモドキ(キリギリス科)

2005年11月12日 大橋ダム・高知

この子の脚は、かなり不思議なことに、
右側に4本あり、そのうち1本は顔から生えている。
もちろん、左側には2本しかない。

 


サトクダマキモドキ(キリギリス科)

2005年11月12日 大橋ダム・高知

拡大しても、そのように見える。

 


サトクダマキモドキ(キリギリス科)

2005年11月12日 大橋ダム・高知

これは、カメラアングルを変えた写真である。

何のことはない、全く偶然にも、左前脚が、
クチヒゲ(小顎肢)に重なって写っていたのである。

 

拍手[17回]

PR
【2012/12/13 07:02 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<その獲物、大きすぎないかい!? | ホーム | 枯葉のような蛾 イカリモンガ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>