忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
ちょっとだけ不思議なムシの名前【3】 何でナミなの?

まず、下の写真を見てください。

みんな、それぞれの属する科を代表する(?)ムシたちである。

 

ナミアゲハ(アゲハチョウ科)

2006年8月13日 印西市・千葉

食草の関係で、このチョウは弘前ではほとんど見かけない。

私の学生時代には、ナミアゲハのことを、
わざと「ただのアゲハ」と呼んでいた。


 

ナミテントウ(テントウムシ科)

2011年5月12日 松本市・長野

もちろん、ナミテントウは、「ただのテントウムシ」と呼んでいた。

ただ、ナナホシテントウをテントウムシと呼ぶ人が意外に多い。


 

ゲンゴロウ(ゲンンゴロウ科)

2011年2月17日 日野市・東京

実は、多摩動物園の昆虫館で撮った写真である。

特に最近では、ナミゲンゴロウと呼ぶのは、
いくらなんでも、ちょっと可哀そうか?

 

 

オトシブミ(オトシブミ科)

2011年9月4日 だんぶり池・青森

これは、ナミオトシブミでも何ら問題はないと思う。
 


 

ナミハンミョウ(ハンミョウ科)

2011年8月11日 東海村・茨城

日本で10本の指に入る美麗種に、
ナミを付けるのは多少の違和感がある?

 

 

と、まあ、最近では、このように、
属以上の分類群を表わす名前と、特定の種名が同じである場合には、
ナミ○○ということが多くなっており、子供向けの図鑑などにも、採用されている。


ただ、学会では、賛成と反対の意見がいろいろあるようで、
上に挙げたムシ君たちに対しても、人によって、
ナミを付けたり、付けなかったりしているのを見かける。

何故か、タマムシだけは、ナミタマムシではなく、
ヤマトタマムシと言うらしいが・・・・

 

そして、問題はカブトムシである。

カブトムシ目(最近は、コウチュウ目?)と言う名前があるのに、
何故かコガネムシ科に属するカブトムシ。

ちょっと変?
 

カブトムシ(コガネムシ科)

2010年7月11日 筑波山・茨城

カブトムシの場合も、全く同じ状況だと思うが、
適当な接頭語(?)は、まだ提案されていないようだ。

やはり、ナミカブトムシとか、ヤマトカブトムシとは、
なかなか言えないのだろう。


個人的には、アゲハとテントウはナミが定着したようだが、
カブトムシとタマムシは、そのままで良いような気がする。

 

 

ここで終わっても、全然尻切れトンボ(懐かしい言葉?)ではないのだが・・・


前回に続いて、
分類学を正式に学んだことのない私が、言わずもがなのことを言うと、
「カブトムシだけは、コガネムシ科ではなく、カブトムシ科にしたら」
と、昔から思っているのだが、どうなんだろうか?

そもそもコガネムシ科は、含まれる種類が多過ぎるし、
しかも、見た目は、カブトムシ(の雄)だけが全然違った形態とサイズである。

前回紹介したように、科の基準はさりげなく曖昧であり、
その証拠に、ほかの分類群ではやたら科を分けているような場合もあるし、
種名ははっきり同定できるのに、科が分からなかったりする。

だから、新たにカブトムシ科を作っても、
少なくとも私には、問題がないような気がするのであるが・・・

 

拍手[18回]

PR
【2012/07/26 07:36 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<枯れ葉のような蛾【3】 保護色から隠蔽的擬態へ | ホーム | ちょっとだけ不思議な虫の名前【2】 君は何組なの?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>