忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
ちょっとだけ不思議なリンゴドクガ

あの夢のような10月9日のカメムシデー。
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20111010/1/

大満足の帰り道、ふと足元を見ると、
寒々とした茶色の落ち葉の上を、
まるで場違いの金色の綺麗な毛虫がノロノロと、
しかし、ちょっとだけ優雅(?)に歩いていた。

 

リンゴドクガ幼虫(ドクガ科)
 
2011年10月9日 蔦温泉・青森

この色と形だと、緑色の葉っぱにいても、
このように枯れ葉の上にいても、多分良く目立つだろう。

何故か「私を良く見てよ!!」という雰囲気が、
ギンギンに伝わってくる虫である。

 


リンゴドクガ幼虫(ドクガ科)

2011年10月9日 蔦温泉・青森

軽く木の枝で刺激を与えてみると、
きれいな黄色の毛を逆立て、真っ黒な模様が現れた。

赤い尻尾のような部分を軽くゆらして、
明らかに、「何なのよ!!」という感じである。

イメージとして、空腹の沢○エ○カ様のような感じか?
⇒(失礼しました。あくまでもTV-CMのイメージです?!)

 

 

リンゴドクガ幼虫(ドクガ科)
 
2011年10月9日 蔦温泉・青森

まだ、ちょっと怒っているこの子の名前は、
タイトルのように、リンゴドクガという蛾の幼虫である。

しかし、この名前では、まるでリンゴの害虫のようである。

実は、この子が食べるのは、リンゴの葉っぱだけではない。
しかも、普通に入手できるリンゴの害虫図鑑には、載っていない。

実際には、この子はヤナギやカエデ、コナラを食べているらしい。
もちろん蔦温泉の遊歩道には、リンゴの木などはない。

こんな虫が、リンゴの木に沢山いたら、
むしろそれだけでペットになるような感じで、
殺虫剤散布をためらう農家の人も、
日本中を探せば一人くらい、いそうな気がする?

 


リンゴドクガ幼虫(ドクガ科)
 
2011年10月11日 西目屋村・青森

それから2日後、今度は西目屋村の遊歩道で、
ちょっと白っぽいが、葉っぱの上で見つけた。

⇒(お腹がすいていないので、怒ってないのか?)

今度も、近くにはリンゴの木はない場所である。

 


リンゴドクガ幼虫(ドクガ科)
 
2011年10月11日 西目屋村・青森

軽くネットで調べてみると、
どうやらリンゴドクガの幼虫は、黄色とは限らないようだ。

この写真のように、白っぽいのから、
場合によっては、ピンク色のものもいるらしい。

 

という訳で、ちょっとだけ不思議な虫でした。

 

拍手[26回]

PR
【2011/11/14 07:41 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<アイン君【3】 | ホーム | 岩木山とリンゴ【2】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>