忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
ちょっとだけ不思議な虫たち

4月になったので(軽い前振り?)、
クモに擬態する「珍しいカミキリ」を紹介しよう。


ヒガシカミキリ(ヒガシカミキリ科)

2013年4月1日 富士山頂・静岡/山梨

遠くで見たときには、本当にカミキリがいる! と思った。

前方に長く伸びる触角が、クモの前脚のように見えるし、
歩くときにも、足の動きに合わせて動かす。

よく見ると、背中に「東」という文字がある。

このカミキリには、かなり不思議な習性があって、
何処にいても、必ず東を向いて静止しているのだ。

だから、学名を、Akab utagis という。


さらに、驚くべきことに、ニシカミキリという近縁種がいて、
こちらは背中に「西」という文字がある。

当然、このカミキリは、西を向いて静止するのだ。

学名は、Loof lirpa という。


おそらく、まだ発見されていないが、
当然「南」と「北」の文字があるカミキリもいるようで、
昆虫マニアの間では、誰が先に発見するのか、競争になっているようだ。



??????????????????????

 


⇒今日は、4月1日なので、一度はやってみたかったネタです!!

 

 

(失礼しました)

ここからは、すべて事実です。

上の写真は、メガネドヨウグモというクモの仲間で、
背中に「東」の文字も、何も修正を加えていません。

 

メガネドヨウグモ(アシナガグモ科)

2012年6月27日 蓮華温泉・新潟

最初の写真と同じ個体を、
鮮明(?)に、撮ったものである。

背中にはっきりと「東」の文字が見える。

良く見ると、お尻から、一本の糸を出している。

 

 

メガネドヨウグモ(アシナガグモ科)

2012年6月27日 蓮華温泉・新潟

少し撮影アングルを変えてみても、
何となく「東」と読み取れる。

どうして、この特異な模様が、
和名にならなかったのだろうか?

 


しかし、別な日に、別な個体を撮った写真を見ると・・・・


メガネドヨウグモ(アシナガグモ科)

2011年6月1日 白岩森林公園・青森

かなり怪しくなってきたぞ!?

というか、この写真を最初に見たときには、
東という漢字を連想することは、おそらくないだろう。


どちらかというと、和名のとおり「メガネ」か?

 

というように、虫たちの模様は、同じものでも、
写真の写り方によって、変わって見えるのだ。

もっと正確に言えば、「東」という文字は、
それを見る側(情報の受け手)が、
頭の中で勝手に、判断し、作り出したもので、
これこそが、私が何よりも興味を持っている「擬態」の起源なのだ。


以前、このブログで、昆虫の翅や体にある模様に、
アルファベットを見出して、紹介したことがあった。
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110217/1/


昆虫のアルファベットも、当然「東」と同様に、
体の模様を何かに似せる「擬態」の起源・本質を、
さりげなく表しているのだと思う。

だから、フクロウやヘビのような目玉模様にしても、
虫の食痕まである葉っぱや枯れ葉の模様にしても、
あるいは、鳥のフンのように見える姿かたちにしても、
それらを見た側が、全く勝手に解釈して、全く勝手に、
驚いたり、避けたりしているだけなのである。

拍手[22回]

PR
【2013/04/01 06:20 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<クモに擬態するカミキリ??? | ホーム | ちょっとだけ不思議な虫たち エゾシロチョウ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>