忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
ちょっと不思議⑥ 多分ハモグリバエ幼虫の食痕


(昨年末からのちょっと不思議シリーズ、再開します)

 


多分ハモグリバエ食痕!!

2013年7月22日 白岩森林公園・青森

緑の葉っぱに、真っ白な波線の模様が見える。

このように、葉っぱに食痕を残す虫は、
ハモグリガ幼虫(チョウ目)と、
ハモグリバエ幼虫(ハエ目)が知られている。

おそらく、これはハモグリバエの食痕だろう。

幼虫が、葉の内部をトンネル状に食い進んでいくので、
緑色の葉に、あたかも白い線を描いたように見えるのである。


どんだけ平べったいのだ!!!

 

 


しかし・・・・

 

軽く調べたネット情報では、
白い食痕は、一筆書きのように線が重ならないはずだが、
この写真は、そんなことはない。

中央部右側に見えるラインは、明らかにクロスしている。

 

 

そして・・・・

 


多分ハモグリバエ食痕!!
 
2012年9月25日 東海村・茨城

これは、また凄いことになっている。

一枚の葉に、何匹の幼虫がいるのだろうか?


こんな状態の食痕は、あまり見かけることはない。

というか、私は初めて見た。

ちょっと不思議!!!

 

  

拍手[21回]

PR
【2014/01/07 06:45 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<ちょっと不思議⑦ ニトベミノガ集団 | ホーム | 枯れ枝? 枯れ葉?? 【その2】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>