忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/16 19:56 】 |
ちょっと不思議⑦ ニトベミノガ集団


わざわざ、遠くに出かけなくても、
さりげなく不思議な虫はいる。

 

自宅のい小さな庭で・・・・

 


ん? どうした!!

2013年10月24日 弘前市・青森

庭のハマナスが、枯れそうになっている。

枝に、何かいる・・・

どうやら、集団で加害しているようだ。

 


近づいて、よく見ると、

 


ニトベミノガ幼虫(ミノガ科)

2013年10月24日 弘前市・青森

これは、かなりの大集団である。

ハマナスは、バラ科なので(?)、
沢山のミノムシが、バラの棘のようにも見える。


ミノに覆われているので、捕食者が見つけにくいか、
あるいは、見つけても手を出せないのだろう。

天敵が、ハチやハエのような寄生者であっても、
全く同じことが言えるのかもしれない。

 

 

 

ニトベミノガ幼虫(ミノガ科)

2013年10月28日 弘前市・青森

ハマナスには、いろいろな毛虫やイモムシがいる。

でも、こんなに大発生することはない。

普通は、適当に(あるいは適切に?)、
捕食者に食われているからだ。

 

 

 

ニトベミノガ幼虫(ミノガ科)

2013年10月28日 弘前市・青森

ミノムシのように、外敵に対する防御効果が完璧だと、
こんな大変なことになってしまうことがあるのだ。


本当に・・・???

    

 

拍手[20回]

PR
【2014/01/10 06:29 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<ちょっと不思議⑧ フキバッタ集団 | ホーム | ちょっと不思議⑥ 多分ハモグリバエ幼虫の食痕>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>