忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
ちょっと不思議 ヨモギハエボシフシ


北海道MMT中に、ヨモギの葉っぱに、
ちょっと不思議なものを見つけた。


ヨモギには、何種類かの虫えいが付くのは知っていたが、
今回のものは、初めて見るタイプだったので、
家に帰ってから調べるまで、正体は全く分からなかったのだ。

 

 

何これ?

2014年7月1日 早来・北海道

最初に見つけたとき、遠目に見ると、こんな感じだった。

赤丸印の中に見えるが、この姿かたちは、有り得ない??

 

 

 

ヨモギハエボシフシ

2014年7月1日 早来・北海道

早速、最近購入した「虫こぶハンドブック」【注1】で調べると、
多少雰囲気が違うが、ヨモギハエボシフシで良さそうだ。

ヨモギエボシタマバエによって、ヨモギの葉に形成される虫えいである。

もちろん北海道にも分布する。


ネット情報では、ヨモギの虫えいの中では、
最も普通に見られるものだそうだが、
このような状態になっているのは、私は初めて見た。

普通は、淡緑色であるが、日当たりの良い部分が、
写真のような鮮やかな紫色になるようだ。


⇒全く関係ない話であるが、この縦に並んだ不思議な形状を見ると、
 何故か、紀伊半島先端の潮岬近くにあるにある橋杭岩を連想する。
 ↓   ↓   ↓
 http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101103/1/

 

 

 

ヨモギハエボシフシ

2014年7月1日 早来・北海道

右側に写っているのは、アブラムシとアリ。

どうやら、このゴールとは無関係のようだ。

最初の写真にあるように、近くにあるヨモギは、
全くきれいなままなので、何故か、
この株(宿主)だけが、虫にモテモテのようだ。


やはり、雌成虫の産卵習性によるのだろう。
近くの葉っぱに、同種の雌成虫の産卵痕跡がない場合や、
同じハビタットを持つ他種の存在もなさそうなときには、
もう少しバラバラに産卵した方が良かった気がするのだが・・・


⇒目の前一面に広がるヨモギの群落の中で、
 ある一株だけが、タマバエとアブラムシに、
 同時に加害(?)されている状況は、
 やはり、ちょっとだけ不思議である???

 

 

 

ヨモギハエボシフシ

2014年7月1日 早来・北海道

ネット情報では、この烏帽子の中には幼虫室があり、
中にタマバエの幼虫が、1匹だけ入っているようだ。

羽化した成虫は、上部が開口するので、そこから脱出する。

 

⇒緑の葉っぱの中にあっては、かなり目立つ存在である。
 どうしてこんな手の込んだことをするのだろうか?

 奇妙な姿かたちをしてることが多い「虫えい」をみると、
 食べるものと食べられるもの不思議な関係が興味深い。

 当然、虫えいは、虫からの何らかの刺激によって、
 寄生された植物の細胞や組織が、異常に増殖・肥大したものであり、
 それが、何故いつも同じ形状になるのかが、やっぱり不思議である。
 
 


 


【注】この本は、高校時代の恩師である薄葉重先生の著書で、
   全く偶然であるが、そのことを最近になって知った。

   先生、申し訳ありませんでした・・・


   次回、これもひょんなことから知った、先生のお名前の付いている、
   クロオビカイガラキジラミ Celtisaspis usubai を紹介予定です。

 

 

   

拍手[14回]

PR
【2014/09/03 05:57 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<不思議な出会い!? クロオビカイガラキジラミ | ホーム | 霧ヶ峰の不思議な虫たち>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>