忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
ササの葉のミシン穴の謎【1/3】 製造者は誰だ?!


2013年12月に、このブログで、
ササの葉にできる「横一直線の穴」について紹介したが、
当時は、虫の食痕であることは間違いないが、
その種類までは、だれも特定することはできなかった。


ちょっと不思議② ササの葉の食痕
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20131217/1/

 

それから、1年半たった現在まで、機会があれば、
ササがある場所で、いろいろな状況を想像しながら観察したが、
製造現場に居合わせたり、虫の種類を特定できるような情報は、
いまだに得られていない。

 


ただ、その間に、新たな発見もあったので、
もう一度、簡単に整理して紹介したい。

 

 


(01)ササの葉の食痕 【タイプA】

2013年8月12日 蔦温泉・青森

このタイプが、典型的な横一直線の食痕で、
日本では見た目から「笹のミシン穴」と呼ばれることが多い。

 ⇒英語圏の国では、これも見た目から、
  普通に「マシンガンホール」と呼ばれるらしい。
    私は、拳銃の弾痕も見たことないのに・・・


もちろん、葉っぱが開いている状態のときに、
このような特異な食べ方をする虫はいないだろう。


近づいてよく見ると、穴の大きさは、
左から右へ少しずつ大きくなっていることが分かる。

この現象をヒントに、現時点では、穴の製造者(昆虫の幼虫?)が、
展開前の棒状になっているササの新芽を、外側から中心部へ、
普通に食い進んでいくことで出来上がると考えられている。

 


・・・その証拠写真が、下の写真である。

 

 


(02)展開途中のササの葉の食痕 【タイプA】

2015年6月2日 白岩森林公園・青森

このような写真は、ネット上の沢山ある画像の中でも、
見かけたことはない貴重なものだと思う(自画自賛!)。

食痕を伴ったササの葉っぱは、このように展開していくのだ。

 ⇒穴の数は、8~10個の場合がほとんどなので、
  これはまさに、展開前の新芽(?)の時期に、
  葉っぱを8~10回巻いていたのだろう。


ただ、まだ柔らかい展開前の葉っぱの外側を食べずに、
葉の内部へと穿孔していくという食べ方が、
個人的には、かなり違和感があるのだが・・・

 

 

 

 

 

(03)先端部のないササの葉の食痕 【タイプAの例外】

2014年7月7日 羊蹄山山麓・北海道

さらに不思議なのは、幼虫が中心部分まで到達すると、
その時点で摂食を中止したのか、または、ちょうど満腹したのか、
反対側へ突き抜けることは、基本的にないという点だ。

もし、突き抜けるような食べ方をすると、
葉っぱが展開したときに、穴と穴の感覚が狭くなって、
こんな感じで、先端部分が落下してしまう。


 ⇒ただ、この写真だけでは、
  展開する前に、すでに落下しているのか、
  展開後に風などの影響で落下したのかは分からない。

 

 

 

(04)穴が開いていないササの葉の食痕 【タイプB】

2015年6月8日 だんぶり池・青森

ササの葉っぱには、こんな失敗作のような食痕(?)も見られる。

この写真で見る限り、8段ある食痕(?)には、
葉っぱに穴が開いていないのだ。

一体どうやったら、葉っぱを貫通しない食痕ができるのだろうか?

 

 

 

(05)穴が開いていないササの葉の食痕 【混合タイプ】

2013年8月8日 志賀高原・長野

これは、写真(04)の製造者とは違う虫の仕業かもしれないのだが、
こちらも、穴が貫通していない。

しかも穴(?)の大きさも不思議で、
何故か葉っぱの中央部分の方が小さくなっている。

 

 

 


(06)ササの葉の食痕 【混合タイプ】

2013年8月8日 志賀高原・長野

そして、こんなタイプの食痕(?)も、見かける。

明らかに穴が長細くなっていて、しかも右側の穴がふさがっている。

さらに下の部分は、穴がふさがったというよりも、
展開前に何らかの刺激によって、
葉緑素が抜けてしまったようなイメージだ。

これは、同じ虫の仕業ではないかもしれないが、1枚の葉っぱに、
タイプAとBの穴が、同時に存在していることになる。

 

 

 

・・・・そして、肝心の製造者の特定は?


 ⇒これまで写真で見てきたように、
  「ササの葉のミシン穴」と言っても、
  基本的に、タイプAとBの異なる形状があるので、
  製造者が、別々の虫である可能性の方が高い。

 

 

 


そして、突然ですが・・・・

 

 

 


(07)ゴマダラカミキリ(カミキリムシ科)

2012年7月28日 酸ヶ湯温泉・青森

あまり上手く撮れていないが、「大あご」に注目だ。

この「大あご」の形状ならば、棒状のものを、
両サイドから挟みつけるように「ガブリ!」と噛んで、
片側を、四角に「こそぎ取る」ようにしたら・・・

そのときには、下の図のような食痕を残すだろう。


        l    l          
        l    l
        l   _l
        l  l_  ←こんな感じで!
        l    l
        l    l
        l    l

 


そして、衝撃の写真???

 


(08)ササの葉の人工的な穴  ⇒【タイプA】??

2015年6月10日 だんぶり池・青森

上の方で自画自賛しながら紹介した写真(02)と、
さりげなく、同じ状況・雰囲気になっている。


ただし、この「ササの葉のミシン穴」は、
私がある手段で、人工的に作り出したものである。

 

もしかしたら、ササのミシン穴の製造者は、
これまで容疑者リストにあがっていなかった、
カミキリの仲間の可能性もあるのではないか??

 

 ⇒詳細は次回に!!!





 追記(20150620)

以下のアドレスが確定しました、
 
ササの葉のミシン穴の謎【2/3】 ちょっとだけ解明
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150620/1/

       

拍手[21回]

PR
【2015/06/17 05:29 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(1)
<<ササの葉のミシン穴の謎【2/3】 ちょっとだけ解明? | ホーム | 早春の北アルプス遠景>>
有り難いご意見
無題
こんばんは(*゚ー゚)v

気になりますね、この笹の葉の犯人はいったい誰なのか!?

ぼぐも注意してみてみたいと思います(^O^)
【2015/06/18 19:44】| URL | だんちょう #92ca4cbd88 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>