忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
ササの葉のミシン穴の謎【3/3】 もうちょっと解明!!


この記事をお読みいただく前に、以下のページをご覧ください。

ササの葉のミシン穴の謎【1/3】 製造者は誰?
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150617/1/


ササの葉のミシン穴の謎【2/3】 ちょっとだけ解明?
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150620/1/

上記のページについて、誤解のないように、もう一度記述するが、
ササの葉のミシン穴には、同じ【タイプA】でも、
微妙に形状、サイズ、穴の間隔などの異なるものがあり、
前回、製造者の可能性があるとした「カミキリ類」は、
沢山ある候補の中のひとつにすぎない。

少なくとも、【1/3】の写真(05)のように、
両側の穴の方が、大きくなっているのは、
潜孔性の幼虫が、中心部分(写真の右側)まで来て、
ウロウロと追加摂食したようなイメージだ。

 

 

・・・ちょっとだけ弱気になったところで、


それでは、穴の開いていない【タイプB】のミシン目は、
どのようにしたら、再現できるのだろうか?


ホソハマキガの雌成虫の産卵管なども想定して、
色々なことを試したが、最も単純な「つまようじ」を使うと、
かなり雰囲気が似ているものが出来上がった。

 ⇒虫たちの産卵管を想定した虫ピンなどでは、
  ほとんど目立つような痕跡にはならない。

  もちろん、仮に産卵痕だとしたら、
  産まれた卵は、どこへ行ってしまったのだろうか?

 

どちらかというと、産卵痕より、吸汁痕の方が近いと思うのだが・・・

 

 

 

さりげなく、実験開始!!

 

 


(18)つまようじ処理直後

2015年6月10日 だんぶり池・青森

このように、つまようじを使って、
反対側まで突き抜けるように、穴を開ける。


 ⇒つまようじを使用した場合には、
  反対側まで貫通させずに、中心部で止めるのは、
  野外での手作業では、技術的に難しい。

 

 


(19)つまようじ処理(抜いた直後)

2015年6月10日 だんぶり池・青森

約5分程経過してから、静かに引き抜いて、
そのままの状態で放置する。


 ⇒この写真で見る限り、手品ではないのだから、
  この時点では、確実に穴は開いている。

 

 


(20)処理後2日目

2015年6月12日 だんぶり池・青森

処理後2日目で、葉は早くも半分ほど展開している。

中央部分の穴を見ると、すでに塞がっているようだ。

 

 

 

(21)処理後3日目

2015年6月13日 だんぶり池・青森

この3日目の写真の感じは、
まさに【タイプB】のミシン穴である。

ただ、処理時に、つまようじが反対側に突き抜けているので、
穴(の痕跡)の数は、通常のミシン穴の2倍になっている。

 

 

 

(22)処理後8日目

2015年6月18日 だんぶり池・青森

日数が経過して、リアルにクズの新芽の蔓が巻き付いている。

こうなると、穴(?)は、人工的なものとは思えない?

 

 

 

・・・つまようじ2本の実験も!!

 

 

(23)つまようじ処理直後

2015年6月10日 だんぶり池・青森

つまようじを2本使用した場合も、同様である。

 

 


(24)処理後3日目

2015年6月13日 だんぶり池・青森

見事な横一直線の穴(?)ができた。

 ⇒下段の穴は、かろうじて、
  まだ塞がっていないように見える。

 


(25)処理後8日目

2015年6月18日 だんぶり池・青森

まさに【タイプB】のミシン穴である。

 ⇒元穴(?)の変色した周辺部分が、上下に伸びている。
  



・・・・

 


さて、写真(19)のような穴を開ける虫は、
一体どんな種類が考えられるだろうか?


 ⇒穴は細いようで、意外に太いのだ。

 

個人的には、カメムシ類の口吻が、第一候補だと思う。

他にも、ウンカ・ヨコバイなどのカメムシ目の虫たちが、
もしかしたら、柔らかそうな展開前の棒状の葉から、
吸汁する可能性もありそうだ。

 

   


・・・・例えば、


(26)ヨツモンカメムシ(クヌギカメムシ科)

2015年6月21日 梵珠山・青森

カメムシ目の虫たちは、季節や発育ステージによって、
餌植物を変更することが、必須の種類も多い。


 ⇒春先に、ササの葉から吸汁する種類が、
  さりげなく存在するかもしれない。

 

前回紹介した【タイプA】の場合と同様に、
今回の【タイプB】にも、異なる形状・サイズのものがある。

だから、おそらくが製造者がそれぞれ異なる可能性も十分ある。


もちろん、写真のヨツモンカメムシは、
偶然ササの葉にいたので、写真を撮ったのだが、
製造者の可能性は、全く「0」では無いように思う?

 

 

 

 

・・・という訳で、

長々と3回に分けて紹介してきたのに、現時点では、
製造者の実行現場を確認することが出来ていない。

しかも、ササの葉のミシン穴を開けた虫の種類は、
間違いなく1種類ではない。

だから、運よく製造現場を確認できたとしても、
それは、候補者リストの中から、1種類が当選したにすぎない。

当選者は、まだ他にいるかもしれないのだ。


だから、前回の「カミキリ類の後食痕」も、
今回の「カメムシ類の吸汁痕」についても、
製造者のの可能性が、おそらく「最も高い」のではないか、
というだけの話である。

 

ここが、やっぱり、
『ちょっとだけ不思議な昆虫の世界』
なのだろう。

 

 追記(20150702)

ササの新葉が展開するまでの期間の短さに関して、
それを裏付ける証拠写真が撮れたので、追加記事にしました。

また、ササの葉の上で偶然見つけた、
製造者の可能性のある虫たちの写真も追加しました。

是非ご覧ください。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20150702/1/

        

拍手[26回]

PR
【2015/06/23 06:17 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(1)
<<ヒオドシチョウの幼虫と蛹 | ホーム | ササの葉のミシン穴の謎【2/3】 ちょっとだけ解明?>>
有り難いご意見
無題
こんにちは(*゚ー゚)v

う~ん、奥が深いですね。

そう言えば以前北海道でこの 笹の穴について誰かが話しをしていたのをふと思い出しましたが、思い出せません。犯人の正体がとても気になりますね。
【2015/06/23 12:14】| URL | だんちょう #92ca4cbd9a [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>