忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
シャッターチャンス【2】

カメラ片手に、林道をぶらぶら歩いていると、
思いがけないシャッターチャンスにめぐり合うことがある。

今回は、そんな偶然出会った虫たちとの出会い現場を紹介する。

 


脱皮中のイナゴ
 
2011年7月27日 だんぶり池・青森

バッタやキリギリスの仲間は、このように、
昼間堂々と脱皮することが多い。

ただその一部始終をカメラで撮るのは、色々な事情で難しい。

以前紹介したアシグロツユムシの自然状態での羽化写真は、、
今思うと、よほど運が良かった、例外中の例外であると言える。
http://kamemusi.no-mania.com/Entry/4/

 

 

アブラゼミ脱皮直後
 
2011年8月5日 白岩森林公園・青森

この写真も、羽化後の翅が伸びきったときのものである。

セミの羽化の瞬間は、薄明るくなった早朝に林道を歩けば、
ストロボなしで簡単に撮れると思う。

今回の撮影時刻は、06:59であり、ちょっとだけ遅かった(?)。

 

 

ノコギリクワガタの上に蛾が!

2011年8月7日 乳頭温泉・秋田

虫でなくても、自分の頭の上に蛾が止まったら、
一応嫌がるだろう。

しかし、このノコギリクワガタ君は、広い心を持っており、
そんな小さなことは、全く気にしない!

単に、鈍感なだけか?

 

 

エサキオサムシ食事中
 
2011年8月11日 東海村・茨城

アブラゼミが、さりげなく舗装道路上に横たわる
この光景も、確かに異様であるが、
そこにいる一匹だけのオサムシも、何となく寂しい。

 

 

エゾアオカメムシやっぱり同種だ

2011年7月31日 白岩森林公園・青森

このブログの3回目に、「本当に同種なの?」で紹介した。
(アドレス0913)

カメムシ類の色彩変異については、
アオクサカメムシやミナミアオカメムシでは、
良く知られていた現象であるが、
エゾアオカメムシでも、同じことが起こっていた。

これがその証拠写真である。

 

 

オオカマキリ産卵中
 
2011年9月3日 白岩森林公園・青森

これも、「オオカマキリは、本当に積雪量を予測するか?」
で紹介した内容の証拠写真である。
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20110611/1/

これを見ると、冬には完全に雪の中に埋もれてしまうクズの茎に、
オオカマキリの雌は、その年の積雪量を、全く予測することなく、
必死に産卵中であった。

 

拍手[26回]

PR
【2011/10/27 07:36 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ちょっとだけ不思議な虫たち【5】 | ホーム | ちょっとだけ不思議な虫たち【4】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>