忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
スズメバチ類営巣中 そんなとこで大丈夫? 

普通は、スズメバチやアシナガバチの巣は、
①雨のかからない、②頑丈な場所に造られる。

ところが、今年立て続けに、
①と②の条件が満たされない場所に、
さりげなく営巣するスズメバチ類を見つけた。

 


キボシアシナガバチ(スズメバチ科)
 
2012年5月29日 南湖公園・福島

この条件では、確かに①雨はかからないが、
とても、②頑丈な場所とは言えない。

葉っぱは、虫に食われて穴が開くかもしれないし、
我々人間には、大風が吹くと、どうなるかは、
容易に想像がつく。

何事もなく、無事に夏を過ごしても、
この葉っぱは、秋には落葉してしまうだろう。

巣坊には、産卵された卵も見えるのだが・・・


 


コアシナガバチ(スズメバチ科)
 
2012年5月31日 南会津・福島

こっちは、②は多分OKだが、
①の条件はどうだろうか?

もう少し葉が大きくなってくれば、
雨風は、多少ともしのげそうであるが・・・

⇒当初、キボシアシナガバチとしていましたが、Nabita氏のご指摘により、
 コアシナガバチに訂正しました。


 

ムモンホソアシナガバチ(スズメバチ科)
 
2012年5月20日 だんぶり池・青森

これは、如何にも拙いだろう!!

真夏になってからも、このような状態で、
完全な葉っぱが残っているとは、ちょっと考えづらい。

 


キボシアシナガバチ(スズメバチ科)
 

2012年6月6日 小泉潟公園・秋田

これは、一見具合が良さそうであるが、
やはり、夏を過ぎれが、葉っぱは枯れてしまいそう。

しかも、よく見ると、すぐ奥にはクモの巣が見える。

どっちが先に作り始めたのかは、
全く分からないが・・・

⇒当初は、アシナガバチの仲間としていましたが、Nabita氏より、
 キボシアシナガバチであるとご連絡いただきましたので、
 種名タイトルを訂正しました。

 

これが、まさに、
いろいろな意味での「昆虫の世界」なのだろうか?

 

 

拍手[21回]

PR
【2012/06/25 06:05 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<キイロスズメバチ ちょっと一休み・・・ってか? | ホーム | 今年のミズバショウ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>