忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
不思議な光景? キイロスズメバチ

 晩秋のダムサイトで、かなり不思議な光景に出会った。

浅瀬石ダムの展望台にあるキヅタの果実に、
何故か、10数匹のキイロスズメバチが集まっていたのだ。
 

 

キイロスズメバチ(スズメバチ科)

2013年10月18日 浅瀬石ダム・青森

この写真の赤丸の中に、6匹のスズメバチが写っている。

普段は、こんなふうに沢山のハチを、同時に見ることはない。

 

 

キイロスズメバチ(スズメバチ科)

2013年10月18日 浅瀬石ダム・青森

ややビビリながら近づいてみると、
お腹が長く、触角もやや長めなので、
どうやら交尾待機中の雄のようである。

みんな熱心に花の時期が終わったキヅタの果実を、
かじっているようであるが・・・・

 

 


キイロスズメバチ(スズメバチ科)

2013年10月18日 浅瀬石ダム・青森

図鑑によると、キイロスズメバチの女王は、
秋になると働きバチを産むのを止め、
新女王バチと雄バチだけを産むようになる。

9月下旬から11月にかけて、オスバチが羽化し、
その1~2週間後には、新女王バチが羽化してくるのだ。

 

 


キイロスズメバチ(スズメバチ科)

2013年10月18日 浅瀬石ダム・青森

彼らは、性的に成熟するまでの7~15日間は、
巣内に留まり、晴天の午前中を選んで巣を離れる。

巣を離れたオスは、単独生活をしながら毎日交尾場所を訪れ、
交尾の機会を待つと言われており、もしかしたら、
展望台周辺(キヅタの近く?)が、交尾場所なのかもしれない。

 

もちろん巣に帰っても、食糧をくれるハタラキバチは、もういない。

オスバチは、ボソボソとキヅタの実をかじるしか生きられないのだ。

 

 


それから、2週間後・・・

 

 


キイロスズメバチ(スズメバチ科)

2013年10月31日 浅瀬石ダム・青森

まだ、同じ場所にいた!!!

こんな状態で、新女王が巣立ちするのを、待っているのだろうか?


写真の青マルの部分には、突出した雄の交尾器が写っている。

でも、もしかしたら、新女王と交尾できなかったアブレ雄???

 

 


さらに、1週間後・・・

 

 

キイロスズメバチ(スズメバチ科)

2013年11月9日 浅瀬石ダム・青森

まだ、数は少なくなったが、まだ、いた!!!!!

⇒(新たに、キヅタの花が咲いたようにも見える)

お腹の長さが、大分短くなっているようだが、
間違いなく、アブレ雄だろう。




そして・・・・・・・・・

    
  


2013年11月9日 浅瀬石ダム・青森

そして、この日が、アイン君、最後のドライブだった。 



  

拍手[17回]

PR
【2013/12/02 06:29 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<君はミノムシ? クサカゲロウ幼虫?? | ホーム | ダケカンバにも、7種のカメムシが!!>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>