忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
不思議な昆虫、この子は何組?



生物多様性?!   COP10?!
  
でも、昆虫の世界は、あまりにも多様性が過ぎる。

見方を変えれば、種を細かく分化することによって、
地球上のどんな場所にでも、昆虫類は棲息できるとも言えるが・・・


我々の子供のころは、動物の種類が100万種で、
そのうち昆虫の種類が75万種とされていた。

最近では、分類学の進歩(?)と、
世界各地(秘境)への交通手段の発達によって、
昆虫は、数百万種程度はいるだろうと言われている。

これだけ種類が多いと、ちょっと見ただけでは、
その子が何組なのか分からない場合がある。


今日、手持ちの写真で紹介する子は、???の程度は低いが・・・・

 

 

 
2006年8月20日【オオヒョウタンゴミムシ(オサムシ科)】徳島・吉野川河口

大あごの感じが、一見クワガタにも見えるが、この子はゴミムシの仲間だ。

比較的綺麗な砂浜周辺に棲息するらしい。
県(地域)によっては、絶滅危惧種にもなっている。

 


 
2010年5月30日【マダラガガンボ(ガガンボ科)】青森・白神

この子も、ちょっと見たところでは、何組かわからない。
結構大きい!!(体長で約30mm以上)

まさか、ガガンボとは?

 


 
2010年7月4日【クロテングスケバ(テングスケバ科)】北海道・厚間林道

セミを小さくしたような雰囲気を持っているが、
この仲間は、結構ユニークな形をしていることが多い。

でもあと、ひと工夫欲しかったか。

 


 
2010年7月30日【ウスバカゲロウ(ウスバカゲロウ科)】青森編傘林道

一見トンボだが、この子が有名なアリジゴク(蟻地獄?)の親だ。
もちろん、この和名は薄馬鹿下郎ではない。

しかし、飛び方はヨロヨロである。

 


 
2003年8月10日【オオクシヒゲシマメイガ(メイガ科)】青森・深浦

この子は、何かに擬態してるつもりのようだが、
最初に見たときはちょっとびっくり。。。。

でも、やっぱり、蛾だね、君は。
 

拍手[42回]

PR
【2010/10/30 07:07 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<だんぶり池のカメムシ 匂いの不思議 | ホーム | 昆虫クイズ【その3】の答え>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>