忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
何故そんな食べ方をするの? コガタルリハムシ幼虫


昨年春のこのブログで、だんぶり池のイタドリの葉っぱで見つけた、
多分コガタルリハムシの孵化幼虫の物凄い集団の写真を紹介した。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20140601/1/


多分コガタルリハムシ幼虫集団

2014年5月19日 だんぶり池・青森

 


そして、この100匹以上の大集団は、
何故か、イタドリの葉っぱを食うことはなく、
18日後に見に行った時点で、全く姿を消していた。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20140623/1/

この不思議な出来事の理由が全く分からず、
いくつかの可能性を推測することしかできなかった。

 

 

そんなことがあったので、今年は、
コガタルリハムシの本来の食草であるギシギシを見つけると、
その近くにあるイタドリの葉っぱを、さりげなく観察することにした。


ただ、今のところ、何の手がかりも得ることはできていないのだが・・・

 

 

 


コガタルリハムシ幼虫(ハムシ科)

2015年5月1日 七ツ洞公園・茨城

これが、普通に見かけるギシギシの葉を食べる幼虫である。

まるまると太って、いかにも大食漢という雰囲気である。


しかし、この場所では、近くにあったイタドリには、
ハムシ類の食痕を見つけることが出来なかった。

 

 


・・・それどころか、

 

 


ギシギシのコガタルリハムシ食痕

2015年5月1日 七ツ洞公園・茨城

何故か、周囲には新鮮なギシギシの葉っぱが沢山あるのに、
このように、集団で同じ株を食べる性質があるようだ。

 

 

 


ギシギシのコガタルリハムシ食痕

2015年5月1日 七ツ洞公園・茨城

だから、最終的には、こんな状態になってしまう。


 ⇒近くのイタドリどころではなく、同じギシギシの別株にも、
  全く手を付けることはなく、ひとつの株を食べつくすのだ。

 

これも、天敵からのエスケープの手段なのかもしれない。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 


今年も、だんぶり池の同じ場所で、イタドリの葉っぱを探したが、
昨年見たような幼虫の大集団は、発見できなかった。

そして、昨年と全く同じように、現時点では、
イタドリの葉っぱには、ほとんど食痕は見られず、
数頭のイタドリハムシの成虫を見かけただけだった。


一体、あの大集団は、なんだったのだろうか?

 

 

   

拍手[15回]

PR
【2015/06/02 05:14 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(1)
<<天敵からのエスケープ?! ハルニレフクロフシ | ホーム | 空飛ぶイッカク ビロウドツリアブ>>
有り難いご意見
無題
こんばんは。

不思議な出来事ですね。
なんだかとても興味が湧いてきました。


この集団の塊の謎をいつか解明して見たいですね。

その為には採集し飼育して見る事ですよね、僕も見かけたらやって見たいと思います。
【2015/06/04 22:35】| URL | だんちょう #7dc4883070 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>