忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
春の珍事?! ③ アシタバのハモグリバエ


房総半島、三浦半島、伊豆半島などに自生するアシタバ。

特に、早春の山菜として有名で、
てんぷらにして食べると絶品である。

⇒と言っても、私は数年前に、西伊豆の民宿で、
 初めて食べただけで、今回宿泊した旅館では、
 残念ながらメニューには入っていなかった・・・

 

 

アシタバ(セリ科)

2014年4月28日 館山市・千葉

房総半島の南端の海岸から、
少し山地の方に入った林縁部に、
アシタバが、さりげなく自生していた。

確かに、てんぷらにすると、
おいしそうな(?)雰囲気の山菜である。

 

 

ただ、・・・・

 

 

アシタバとハモグリバエ食痕

2014年4月28日 館山市・千葉

虫を探しながら歩いている人間(私も!)には、
自然と、写真の赤丸のところに目が行ってしまう。

多分これは、ハモグリバエの食痕だろう。


⇒ネット情報では、アシタバの害虫として、
 ハモグリバエがちゃんと記載されていた。

 

 

 

アシタバとハモグリバエ食痕

2014年4月28日 館山市・千葉

よく見ると、食痕は、結構な頻度で見つかる。

雌成虫が、だいたい1枚の葉っぱに、
1個ずつ卵を産み付けているようだ。

以前にも紹介したが、エカキムシと呼ばれるように、
食痕は一筆書きのように、途中で交差することはないようだ。
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20140107/1/

 

 

 

ハモグリバエ幼虫(ハモグリバエ科)の食痕

2014年4月28日 館山市・千葉

普通は、1枚の葉っぱに、1匹の幼虫がいるのだが、
この写真には、2匹の幼虫がいる葉っぱもある【注1】

おそらく、2個の卵は、別々の雌が、時間差で産んだのだろう。

 

 

春の珍事は、ここから・・・

 

 

ハモグリバエ幼虫(ハモグリバエ科)の食痕

2014年4月28日 館山市・千葉

こんな凄いことになっている葉っぱも見つかった。

特に、真ん中に写っている真っ白に見える葉っぱには、
ほぼ同時に、数個の卵が産み付けられたのだろう。

これは、一体何匹の雌成虫の仕業なのだろうか?【注2】


いずれにしても、すぐ隣の株の葉っぱには、
全く食痕が見当たらないので、産卵前の雌成虫は
よっぽど、この葉っぱが気に入ったのだろう?!

 

 

 

【注1】アシタバの葉っぱは、複葉と言って、
    枝に、小さな葉っぱが1枚ずつ付いているのではなく、
    大きな葉に、深い切れ込みが入って、
    複数の葉っぱに見えるだけなのだそうだ。

 

【注2】寄生蜂のように、雌成虫は、何らかの信号を察知して、
    別の雌によって、すでに産卵されている葉っぱを避けて、
    次の卵を産んでいる可能性は、少ないと思う。

    だから、同じ雌が連続して産卵したのではなく、
    数個体の雌成虫が時間をおいて、
    偶然、同じ葉っぱに産んだと見るべきなのだろう。

 

     

拍手[18回]

PR
【2014/05/09 05:58 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(0)
<<春の珍事?! ④ ヒメカメノコテントウ | ホーム | 春の珍事?! ② ヨコヅナサシガメ幼虫集団>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>