忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
良く似てるのに ツツジのもち病とモリアオガエルの卵のう


類縁関係にない生物が、擬態ではないのに、
偶然(?)見た目が同じようになってしまう場合がある。

 


・・・今回で、さりげなく連続3回目emoji

 


下の左側の写真、最初は「モリアオガエルの卵のう」に見えた。

近づいて、写真を撮ったときのことは、あまり覚えていないのだが、
「何だこれは?」という感じでシャッターを押した。

 

 


左: ツツジのもち病 ひたちなか市・茨城(20130606)
右: モリアオガエルの卵のう 蔦温泉・青森(20120714)

何かの蛹か、病死したイモムシ?

このときは、一人ではなかったので、数枚の写真を撮って、
現場では何も確認しなかった。


帰宅後にネット検索しても、なかなか正体が分からない。

 

ずっと、パソコンの正体不明ホルダーに残されたままだった。

 

・・・そして、ようやく見つかった。


まさか、ツツジのもち病だったとは・・・・?

 

 

 


ツツジのモチ病

2013年6月6日 ひたちなか市・茨城

こんな雰囲気で、ツツジのもち病は、白くなった葉っぱが、
膨らんで(カール?)いるだけなのだ。

だから、近づいて確認すれば、違いは一目瞭然なのだが・・・


ネット情報では、葉裏の表皮が剥離して、
白色粉状の子実層が露出するとされているので、
少なくとも、見た目は葉っぱではなくなる。


このように、菌の感染によって、
植物体が変形するのであれば、
虫えい(ゴール)に近いのかもしれない。

 

 

 

 

モリアオガエルの卵のう

2013年7月14日 蔦温泉・青森

こちらが、本家のモリアオガエルの卵のう。

確かに似てはいるが、表面の状態が全く違う。

しかも、多くの場合、真下には池や小川がある。

 

 ⇒産卵したコナラの葉っぱが小さすぎたのか?

  危うく落下するところで、微妙に持ちこたえているようで、
  ちょっと笑ってしまう??

 

 

 

 

・・・・と、話はここで終わらない!!!

 


実は、これまでの3回分の記事は、序章にすぎないのだ。

 

 


普通に見られる「葉っぱの上の白い泡(?)」は、
アワフキムシの仕業だけではない。

今回のように、モリアオガエルの卵のうや、
ツツジのもち病の可能性も、さりげなくその候補だ。

 

 

しかし・・・・!!!

 


さすが、「ちょっとだけ不思議な昆虫の世界」には、
まだまだ、恐ろしい事実が隠されているのだ。



次回予告・・・2回分??


『良く似てるのに! 葉っぱの白い泡』




 

 

   

拍手[19回]

PR
【2015/04/26 07:01 】 | ちょっと不思議 | 有り難いご意見(1)
<<良く似てるのに! 葉っぱの白い泡塊【その1】 | ホーム | 良く似てるのに?? カラスの巣とヤドリギ>>
有り難いご意見
無題
こんにちは(゚▽゚)/

一瞬見ると本当によく似ているものですね。

次回が待ち遠しい、おわりかたが面白いですねo(^-^)o
【2015/04/27 11:30】| URL | だんちょう #56b710db4a [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>