忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
カメムシも餌食に!! 匂いの防御効果は??

虫を探しながら、林道をブラブラと歩いていると、
ふと、カメムシの匂いがするのに気づくことがある。

以前紹介したように、カメムシは物理的な刺激がなければ、
決して匂いを出すことがない。
↓   ↓   ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101107/1/

だから、何もしないで、カメムシにそっと近づいても、
その匂いを感知することはないのだ。

普通に歩いていて、カメムシの匂いがするときは、
多分、カマキリやクモなどの捕食者が、
カメムシを攻撃している可能性が高い。


カメムシの放出する匂い成分は、防御物質と言われることが多く、
その強烈さから、外敵に対する防御効果が完璧であるかのような印象を与える。

しかし、実際に捕食者との出会ったときには、
ちょっとだけ攻撃を躊躇させる「ビックリ効果」しかないのである。
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101109/1/

そのため、カメムシは、いたるところで、
捕食者の餌食となっている場面を見ることが出来る。


もちろん、放出する匂い成分の防御効果は、全く”0”ではないのだが・・・

 

 

トゲカメムシ(カメムシ科)

2010年9月4日 だんぶり池・青森

最初は、トゲカメムシしか見えなかった。
しかし、動き方は、いつもと違って何となく違和感があった。

そして、トゲカメムシの背後にクモの姿を発見。

⇒カメムシが自然状態で、クモに捕獲されていた!!!

 

 

ヒメツノカメムシ(ツノカメムシ科)

2010年6月5日 だんぶり池・青森

ちょっと分かりにくいが、被食者はヒメツノカメムシである。

このときは、写真は撮れなかったが、
捕獲される瞬間を見ることが出来た。

⇒カメムシの匂いが、付近に立ち込めていた!!!

 

 


チャバネアオカメムシ(カメムシ科)

2011年10月17日 東海村・茨城

匂いが強烈なカメムシのベスト10に入るカメムシも、
完全に、ジョウロウグモの餌食となっている???

ただ、クモの糸でグルグル巻きにされていないので、
もしかしたら、食べられていないのかもしれない。

⇒現場で確認すべきだった!!!!

 

 

オオトビサシガメ(サシガメ科)

2012年10月22日 浅瀬石ダム・青森

晩秋のダムサイトに集まる膨大な数のクサギカメムシも、
同じくダムサイトに来たオオトビサシガメの餌食に・・・

⇒ちょっとだけ、恐ろしい光景!!!

 

 

ナガメ(カメムシ科)

2011年5月20日 だんぶり池・青森

このように、ナガメの体色は、典型的な警戒色であり、
成虫になると匂いを出さない。
そのかわり(?)、体内に不味成分を持っていて、
多くの捕食者は、ナガメを食べないと思われていた。

⇒取りあえず、捕まえただけ???

 

 

多分オオホシカメムシ(オオホシカメムシ科)

2011年10月18日 東海村・茨城

この警戒色のカメムシも、不味成分を体内に持っているので、
野鳥類は食べないと思う。

⇒これも、網に捕獲しただけ???


 


拍手[22回]

PR
【2012/12/19 07:49 】 | カメムシの匂い | 有り難いご意見(0)
<<雑草地の花 | ホーム | その獲物、大きすぎないかい!?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>