忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
ちょっとだけ大きい! オオトビサシガメ

今月は、「カメムシ写真強化月間」です。
頑張って、不定期にブログ更新します。

 

今日は、大型カメムシの3種目、
日本産サシガメ科の最大種オオトビサシガメである。
Isyndus obscurus Dallas,1850

茶褐色で、体長20-27mmの大型のサシガメ。

脚や触角が長く、まあスマートではあるが、
頭部分は、やはりサシガメ特有の口吻である。

 


オオトビサシガメ(サシガメ科)

2010年9月14日 だんぶり池・青森

真上から見ると、サイズと色は、
オオヘリカメムシ(前々回)の雄に、よく似ている。

思わず、手で掴んでしまいそうになるが・・・

 

 


オオトビサシガメ(サシガメ科)

2010年9月14日 だんぶり池・青森

この角度からみると、強力な口器がはっきり見える。

同じ肉食性のクチブトカメムシ類とは違って、
いかにも「血ぃ~、吸うたるで~」という雰囲気満載のサシガメ。
(何で関西弁なのかは、多分・・・・・!!!)

こんなのを見ると、むやみ手で掴もうとは思わない。

 

 


オオトビサシガメ(サシガメ科)

2013年10月14日 矢立峠・秋田

光に集まる虫たちを狙って、
多くの肉食系(?)の虫たちも、
光に集まってくる。

そんな中に、オオトビサシガメも、さりげなくいる。


この場所に来れば、確実に獲物にありつけるのだ!!!

 

 

 

オオトビサシガメ(サシガメ科)

2010年10月31日 玉川ダム・秋田

獲物が沢山いるダムサイトにも、集まってくる。

越冬場所を探す途中、ここは一石二鳥の場所なのだろう。

金属面に映った姿は、獰猛な吸血鬼そのものの姿である。
はっきりと見える口器で、獲物につき刺して、体液を吸うのだ。

 

 


オオトビサシガメ(サシガメ科)

2012年10月22日 浅瀬石ダム・青森

今回の犠牲者は、同じカメムシの仲間だ。
長い冬の時期に備えて、最後の食事なのだろう。

当然彼らは、獲物となったクサギカメムシの強烈な匂いを、
全く意に介さないようだ。

カメムシの匂いの不思議1/5 アリに対する防御効果
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101107/1/

 

     

拍手[17回]

PR
【2013/11/15 07:00 】 | カメムシの種類 | 有り難いご意見(0)
<<昔は珍品だった?? ヨツモンカメムシ | ホーム | さりげなく大きい?! オオクモヘリカメムシ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>