忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
昔は珍品だった?? ヨツモンカメムシ

今月は、「カメムシ写真強化月間」です。
頑張って、不定期にブログ更新します。

 

日本産クヌギカメムシ科の最大種ヨツモンカメムシ。
Urochela quadrinotata Reuter,1881

クヌギカメムシ科特有の楕円形のカメムシで、
日本原色カメムシ図鑑第3巻によると、
体長は12.5-16.5mmとされる。

体は赤褐色で、背面に明瞭な4つの黒色小紋があり、
名前の由来となっている。

 


ヨツモンカメムシ(クヌギカメムシ科)

2010年7月4日 厚真林道・北海道

もともと寒冷地のカメムシであるが、関東以北でも、
越冬期前後の移動時期にしか目に触れないとされ、
タイトルにあるように、本当に珍品だと思っていた。


 

 

ヨツモンカメムシ(クヌギカメムシ科)

2012年6月13日 梵珠山・青森

しかも、日本原色カメムシ図鑑(第1巻?)には、
掲載されていないこともあって、
かなりの希少種であるとう噂さが広まっていた。



 


ヨツモンカメムシ(クヌギカメムシ科)

2010年10月22日 浅瀬石ダム・青森

ところが、弘前市周辺では、秋も深まってくると、
晴れた日のダムサイトに行けば、
越冬のために移動している本種を、
いとも簡単に見ることができるのだ。


このように、夏場は樹上生活している発見困難な虫たちが、
寒くなってくると、樹上から降りて、
越冬場所に移動するときに立ち寄るダムサイトは、
珍品を撮る最高の舞台である。

 


 


ヨツモンカメムシ(クヌギカメムシ科)

2012年6月19日 白岩森林公園・青森

でも、お気づきだろうか?

ひとつ上の写真以外は、みんな、
発見しにくいという噂(?)の夏に撮影された写真なのだ。
(⇒これを、通常、自画自賛という!)

 


 


ヨツモンカメムシ交尾中

2011年6月26日 白岩森林公園・青森

成虫で越冬した個体が、翌春のこの時期、
ハルニレの芽吹きに合わせて活動を再開し、
交尾を行う様子が、このように運が良ければ観察される。

この写真も、比較的希少価値があると思う。
(⇒この表現は、通常、・・・・という!)

 

     

拍手[18回]

PR
【2013/11/17 07:27 】 | カメムシの種類 | 有り難いご意見(0)
<<さりげない色彩変異? オオモンキカスミカメ | ホーム | ちょっとだけ大きい! オオトビサシガメ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>