忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
玉川ダム もう一度カメムシ

玉川ダムのカメムシ、番外編として、
ちょっとだけ面白い光景を紹介する。

ダムの遊歩道の手すり部分は、ピカピカの金属製で、
真夏には、太陽の熱で触れなくなるほど熱くなるらしい。
⇒(あちこちの看板にも注意書きがある!)


ただ、今の時期には、この部分が、
ダム本体のコンクリートより温度が高くなるので、
虫たちにとって絶好の無料暖房機になるようだ。

越冬場所探すために飛び立ったカメムシが、
つかの間の温かさを求めて、ここに集まってくる。

 


クサギカメムシ(カメムシ科)

2011年10月31日 玉川ダム・秋田

これが、典型的な光景である。

カメムシ自身に、多少の集合性があるので、
こんなことになるのだと思う。

 


クサギカメムシ(カメムシ科)
 
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

たまに、支柱にもいることがあるが、
この部分は、鏡のようにつるつるで良く光るので、
まるで、2匹いるように見える。

 


クサギカメムシ(カメムシ科)
 
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

うまく繋ぎ目にいると、三面鏡のようになり、
まるで、クサギカメムシが3匹いるように見える。

 


オオトビサシガメ(サシガメ科)

2011年10月31日 玉川ダム・秋田

この写真は、ちょっとだけ自画自賛であるが、
ダムの上から多少身を乗り出して、撮ったものである。
⇒(高所恐怖症のK氏やH氏には、絶対無理であろう。)

 

 

アオクチブトカメムシ(カメムシ科)
 
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

今回の玉川ダムの目玉商品であるアオクチブトカメムシも、
腹部の模様が、鏡に映って、はっきり撮れている。


そうだ!

これをうまく利用すれば、腹部の模様で同定するような種を、
鏡をうまく使って写して、同定の証拠写真にすることができる!!!

 

拍手[26回]

PR
【2011/11/08 05:56 】 | カメムシの種類 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<岩木山とリンゴ【2】 | ホーム | 玉川ダム カメムシ以外の虫たち【3】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>