忍者ブログ
  • 2017.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.07
玉川ダム(秋田) カメムシばっかり【1】

カメムシを撮るなら、紅葉の頃が一番である。

この時期は、先月紹介したように、場合によって、
カメムシしか見られないような「ちょっとだけ不思議な現象」が起こる。
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20111010/1/


もうひとつ、この時期の楽しみは、ダムサイト採集である。

このとき、普段は滅多に見られないような、
珍品カメムシに出会うことができる。


ダムサイト採集法を知ってから、20数年・・・・
10月になると、毎年数回、お目当てのダムサイトに出かける。

しかし、なかなか条件が微妙に合わない場合が多く、
珍品カメムシの大乱舞状態にはならない。

今年も、諦めかムードが漂っていたとき、
東海村からの帰り道、最後の最後に、秋田県の玉川ダムで、
珍品カメムシ集団に出会うことが出来た。

珍しく、妻とアイン君が一緒だったかもしれない。


まずは、ツノカメムシ類から・・・・・・・

 

セグロヒメツノカメムシ(ツノカメムシ科)
 
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

この日は、数頭発見。
動きは活発で、よく飛び回っている。

 


ヒメハサミツノカメムシ(ツノカメムシ科)
 
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

何故か、この日は雌ばかり。
やっぱり、雄のハサミが良い!!

 


セアカツノカメムシ(ツノカメムシ科)
 
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

まるで、フトハサミツノのような雄だった。
普通種のセアカツノであるが、今回は、この子のみに遭遇。

 


ツノアカツノカメムシ(ツノカメムシ科)
 
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

下のミヤマツノカメににているので、
遠めに見るとと間違えそうになる。
普段は、滅多に出会うことはないが・・・


 

ミヤマツノカメムシ(ツノカメムシ科)
 
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

今回は、クサギカメムシについで、個体数が多かった。
別の、浅瀬石ダムでは、この子ばっかりのときもある。

 


多分クロヒメツノカメムシ(ツノカメムシ科)
2011年10月31日 玉川ダム・秋田

もしかしたらヒメツノカメムシの黒化型かもしれないが・・・

 

拍手[25回]

PR
【2011/11/02 14:45 】 | カメムシの種類 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<玉川ダム カメムシばっかり【2】 | ホーム | ちょっとだけ不思議な虫たち【5】>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>