忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/18 12:29 】 |
金属光沢の蛾 キスジホソマダラ


マイナーな金属光沢の虫たち、7回目は、
微妙に金属光沢がある蛾、キスジホソマダラ・・・

 

もちろん、夜行性の種類が多い蛾の仲間で、
金属光沢を持つ種類は、あまり多くない。

と言うか、金属光沢が見られるのは、
昼行性の種類に限られるのかもしれない【注】

しかも、ミヤマカラスアゲハやゼフィルスのように、
翅全体が金属光沢の種類は、多分いないだろう。

 

 


キスジホソマダラ(マダラガ科)

2013年6月6日 ひたちなか市・茨城

青白いメタリックな輝きの触角、頭部、胸部。

そして、前翅の一部にも!!

結構、毒々しいというか、不気味な色である。

 

 

 

キスジホソマダラ(マダラガ科)

2013年6月6日 ひたちなか市・茨城

この色合いは、「どこかで見たことがある」と思ったら、
中世のブロンズ像に似た妖しい輝きだ。

だから、生きているものという感じが全くしない。


これは、生きた彫刻である(言い過ぎ!!)


幼虫時代はいったい何を食べてるのかと、
軽くネットで調べてみると、
有毒植物(?)ではなさそうなススキやササの葉っぱである。


マダラガの仲間なのに???


⇒微妙な有毒植物(例えばキャベツ、ニンジン)については、
 後日まとめて紹介する予定である。


 

 

キスジホソマダラ(マダラガ科)

2013年6月6日 ひたちなか市・茨城

マダラガ科の多くの種類は、熱帯にみられ、
幼虫は、他の虫があまり食べない毒のある葉っぱを食べる。

当然、幼虫はよく目立つ警告色であり、多くの種類が、
その毒を、成虫になるまで保持することが知られている。


簡単に思いつく、以下に代表されるような種類は、
基本的に昼行性で、よく目立つ警告色を持ち、
幼虫も成虫も、おそらく捕食者に食べられることはない。

 ミノウスバ⇒(マサキ)、サツマニシキ⇒(ヤマモガシ)、
 ホタルガ⇒(サカキ)、 ベニモンマダラ⇒(クサフジ)

 

 

しかし・・・

 

 

キスジホソマダラ(マダラガ科)

2010年7月7日 室蘭市・北海道

これは、北海道で撮った個体。

心なしか、金属光沢が弱く、
茨城で撮った個体ほど、青色が目立たない。


地域的なものなのか、個体変異なのか?

 

むしろ、黒地に黄色い筋の模様だけでも、
典型的な警戒色なので、金属光沢は必要ないのだろうか?

キスジホソマダラも、もともとは、南方系の種で、
北海道の個体は、金属光沢が弱くなっている可能性もあるのだ。


⇒これって、もしかして、ひょっとすると、多分、
 異所的種分化の前兆???

 


【注】金属光沢の発色メカニズムは、良く知られていて、
   体表の透明多層膜に、太陽光が反射する構造色であるが、
   当然のこととして、夜行性の蛾の仲間では、
   この仕組みは、あまり進化しなかったようだ。

    

 

 

拍手[18回]

PR
【2014/04/15 06:46 】 | 光輝く美しさなの? | 有り難いご意見(0)
<<虫を食べる野鳥類⑫ ツグミ | ホーム | 金属光沢のハエ マダラアシナガバエ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>