忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
ちょっとだけ不思議な生き物 ミミズとナメクジ!!

虫の話題が続いたので、気分転換・・・・


人とあまり出会うことのない森の中で、
クマさんに出会うのもかなり怖いが、
普段あまり見かけない生き物に出会うと、
まあ、ちょっとだけ気持ち悪い(?)。

 


シーボルトミミズ(フトミミズ科)

2003年9月14日 足摺岬・高知

足摺岬近くの明るい森の中で、ちょっとビックリ。

真っ青なミミズ、しかも半端なく大きい!!


この綺麗な青藍色が、ミミズでなかったら・・・・ ネックレス?

 

 

シーボルトミミズ(フトミミズ科)

2003年9月14日 足摺岬・高知

人間の足と比較して、その大きさは衝撃だ。

しかも驚くべきことに、寿命は2年しかないが、
付近の全個体が一斉に誕生し、一斉に死滅するらしい。

だから、地域によって成体が発見される年が、
2年に一回(隔年)になるのだ。

これが本当ならば、足摺岬では、
奇数年にしか成体を見ることはできないはず??!!

 

 


ダイセンヤマナメクジ(ナメクジ科)

2009年8月14日 八幡平・秋田

何を隠そう、この年になるまで、
世の中に、こんなに大きなナメクジがいるとは思わなかった。

普通のナメクジの3~4倍はありそうだ。


一応、枯れ枝に擬態しているようだが・・・・

 

 


多分ダイセンヤマナメクジ(ナメクジ科)

2011年7月1日 だんぶり池・青森

だんぶり池にもいた。
(⇒もしかしたら、ただのヤマナメクジかもしれない)

この子のサイズも、かなりの衝撃だ。

まあ、軽く触ってはみたが、別に有毒ではなさそうだ。

 

誰だ!! 「おいしそう!」なんて言ってるのは?

若い娘さんは、ナメクジなんて食べないよ・・・・・


 

(番外編)

折角なので、手持ちの秘蔵写真を・・・

 


黒いシマヘビ(ナミヘビ科)

2002年9月14日 室戸岬・高知

写真を撮ったときには、室戸岬にしかいないのかと思ったが、
全国に分布し、普通にカラスヘビというらしい。


そういえば、コブヤハズカミキリにも、黒化型がいたな・・・
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20120922/1/

 

 

拍手[18回]

PR
【2012/10/06 05:43 】 | 動物 | 有り難いご意見(0)
<<ハセモを探せ! ハイイロセダカモクメ幼虫 | ホーム | 隠蔽的擬態のアオマツムシ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>