忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
絶妙の配色? ホンドテン

山道を車で走っていると、突然道路を横切る動物たちに出会う。
ウサギやイタチが多いが、たまにテンやリスも見かける。

あまりに突然で、逃げ足が速いので、基本的にカメラで取ることは不可能である。


それでも、このような全速力で走り去る動物たちにとって、
おそらく車のスピードは、想定外なのだろう。

逃げ遅れた動物が、車にぶつかっているのを時々見かける。
特に、夜はライトに目が眩むのか、道路上で立ち止まって、
車と衝突してしまうことも多いようだ。

おそらく、飼い猫もそうなのだろう。


しかし、カメラ片手に林道を歩いている場合は、条件がちょっと違う。

カメラのスイッチはONになっているので、すぐにシャッターを切ることができる。
だから、道路上の動物たちを、余裕で撮ることができる。


 

例によって、前置きが長くなってしまったが、
まるで動物園から逃げ出してきたような綺麗なテンの写真を、
白岩森林公園の林道で撮ることができた。

ちょっと感動的な出会いであった。

 

ホンドテン( イタチ科)

2012年8月8日 白岩森林公園・青森

悠然と、10数メートル先を歩いている。

テンの体の毛の色は、季節によって変わるようだ。

このように、夏は綺麗な赤褐色で、足の後ろ側は黒色である。
何故か、尻尾の付け根は黒く、先端は真っ白である。

 

 

ホンドテン( イタチ科)

2012年8月8日 白岩森林公園・青森

私に気づいたのか、振り返った。

心配そうに、こちらを見ている。

顔の一部が黒く、何故か目と目の間が白いのだ。

 

 

ホンドテン( イタチ科)

2012年8月8日 白岩森林公園・青森

もう少し近づいてみると、ちょっと焦って逃げ出しそうになった。

後ろ足の先端部分は、本当に真っ黒である。

 

 

ホンドテン( イタチ科)

2012年8月8日 白岩森林公園・青森

でも、予想外に、すっ飛んで逃げるような感じではない。

この写真のアングルでは、メスのライオンの雰囲気があるし、
目の周りが黒いのは、パンダを思わせる??

前足の前(表?)側は黒くならないので、
このように正面から見ると、まあ普通(?)の動物であるが・・・

 

 


ホンドテン( イタチ科)

2012年8月8日 白岩森林公園・青森

改めてこの写真を見ると、ちょっとだけ不思議である。
どうしてこんな配色になったのだろうか?

もし仮に、昆虫がこの体色をしていたら、
警戒色か保護色なのかは、意見が分かれるところだろう。




テンは、集団で生活することはないようで、
基本的に小昆虫や両生類などを食べる肉食であるが、
果実も食べる雑食である。

以前紹介したキンキラキンの糞の製造者である可能性が高い。
↓  ↓  ↓
http://kamemusi.no-mania.com/Date/20101130/1/


とにもかくにも、こんな綺麗な野生の哺乳類が、
人里にもまだいるのだ!!


拍手[18回]

PR
【2012/08/24 20:53 】 | 動物 | 有り難いご意見(0)
<<背景に溶け込む保護色 どこにいるかな? | ホーム | 鳥のフン擬態【3】 トリノフンダマシ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>