忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
ちょとだけ不思議なクモの交尾(?)


いつものように、カメラ片手に林道をブラブラ歩いていると、
ちょっとだけ不思議な光景に出会った。


かなり不自然な恰好で、多分2匹のクモが重なっているのだ。

 

 

コフクログモ(フクログモ科)

2015年6月3日 座頭石・青森


捕食?

交尾??

喧嘩???


写真で見ると、頭胸部は、明るい赤褐色で、
腹部は淡黄褐色だが、白色の微毛が密生する。

クモの種類は、コフクログモで間違いないだろう。

 

 


・・・近づいても、逃げる気配が全くない!!

 

 


コフクログモ(フクログモ科)

2015年6月3日 座頭石・青森

小さい雄(多分)の方が、身体の大きい雌の上に、
正面から乗りかかって、動きを停止させているようだ。

 ⇒クモは、この格好で交尾(?)する?!

 

 


・・・そのまま、ぎこちなく(?)移動した!!

 

 


コフクログモ(フクログモ科)

2015年6月3日 座頭石・青森

徘徊性の雌グモの多くは、カマキリなどと同じように、
交尾するために近づいてくる雄を、
餌と思って(?)、捕獲しようとするのだ。

だから、雄は、餌と間違われないように、
交尾すべき雌に、接近しなければならない。


しかも、最終的に正面から向き合った形で、
雄が雌に覆い被さり、精子の付着した触肢を、
雌の生殖口に挿入しなければならないのだ。


だから、クモの場合は、交尾ではなく「交接」と言う。

 

 

 


コフクログモ(フクログモ科)

2015年6月3日 座頭石・青森

それにしても、この体勢は、雌が仰向けなら、
柔道の上四方固めではないのか?


これなら、雄グモは、交接中に間違って、
雌に食われてしまうことはないだろう。

 ⇒雄グモも、自分の遺伝子を残すために、
  命をかけて(?)いるのだ・・・多分

 


写真をよく見ると、雄の脚が不自然に曲がって、
触肢を挿入しているのかもしれない・・・?





 

   

拍手[14回]

PR
【2015/07/22 04:55 】 | 子孫を残す | 有り難いご意見(0)
<<これでも同種? イオウイロハシリグモ | ホーム | アキカラマツオナガアブラムシのマミー>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>