忍者ブログ
  • 2017.07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.09
虫を食べる野鳥類⑮ キセキレイ


前回紹介したツバメは、飛行中の虫を、
飛びながら捕獲することが多いが・・・・

他の野鳥類では、どうなんだろうか?


野鳥類が餌となる虫を探し出し、捕獲するときは、
以下のような状況がありそうだ。

 ①木の近くをゆっくり飛びながら探す。
 ②木の枝を、歩きながら探す。
 ③見通しが良い場所に止まり、そこから見える範囲をじっと探す。
 ④木の枝を飛び跳ねながら移動し、
  びっくりして飛び立った獲物を空中で捕まえる。
 ⑤飛んでいる虫を飛びながら捕獲する。
 ⑥地面を歩いて、隠れている虫を探す。
 ⑦水場付近に集まる虫たちを探す。

 

今回は、キセキレイを例に、野鳥類が、
虫を探し出して、捕獲する状況を想像(!)してみよう。

 

 

キセキレイ(セキレイ科)

2010年5月10日 弘前市・青森

桜の花も散ると、北国の弘前にも、
ようやく虫の季節がやってくる。

水田が耕起されると、驚いた虫たち(?)が這い出てくる。
それを狙って、色々な捕食者たちが集まってくるのだ。

目の前を、お腹の黄色い鳥が舞った。


上記の①~⑦の捕獲方法のどれだろうか?

⇒多分⑥

 

 


キセキレイ(セキレイ科)

2012年6月27日 白馬岳山麓・長野

大雪渓から流れ出てくる冷たい雪解け水も、
流れも淀んだ場所では、水温も上がるのだろうか?

キセキレイは、このように、水辺を好み、
水中や岩陰などに棲む虫たちを捕えて食べる。


石をひっくり返すと水棲昆虫の幼虫がいる。

⇒間違いなく⑦

 

 

 

キセキレイ(セキレイ科)

2013年5月17日 白岩森林公園・青森

キセキレイは、地面だけでなく、枝にもいる。

野鳥類が、飛んでいる小さな虫たちを見つけて、
あっという間に、飛びかかっていくのは、
林道を歩いていると、比較的良く目にする。


この子は、数秒後には、ゆっくりヒラヒラ飛ぶ小さな蛾を、
飛んでる方向に回り込むように先回りして、空中で捕獲した。

⇒③または⑤

 

 

 

キセキレイ(セキレイ科)

2013年5月17日 白岩森林公園・青森

夏季の渓流沿いなどでは、
セグロセキレイ、ハクセキレイとは、
概ね棲み分けているとされている。

口にくわえているものは、
虫のように見えるが、違うかもしれない。

⇒⑥・・・・やはり、このタイプが一番多いのか?

 

 

しかし!!!

 


野鳥類以外の捕食者【カマキリ、ハチ、クモなど】は、
動いているものだけを、敏感に察知し攻撃する。

逆に言うと、カマキリやクモは、全く動かないものに対して、
基本的に攻撃はしない、というか複眼の構造から、出来ないのだ。

だから、良く見かける光景で、
食うものと食われるものが向かい合って、
数分間全く動かないことも良くある。


これが、知能がある野鳥類の捕獲方法とは違うのだろう・・・

   

拍手[19回]

PR
【2014/04/27 07:23 】 | 捕食者 | 有り難いご意見(0)
<<虫を食べる野鳥類⑯ あと6種類 | ホーム | 虫を食べる野鳥類⑭ ツバメ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>